一日一歩〜青橋由高の特別でない毎日〜

一日一歩〜青橋由高の特別でない毎日〜 イメージ画像

ATOK

 例年この時期になるとATOKを最新版にバージョンアップ(お布施の意味もあります)してるのですが、今年はちょっと悩んでいます。  私は一太郎の登録ユーザーでもあるのですけど、普段は秀丸エディタで事足りるので、いつもATOK単体でバージョンアップしていました。  が

 一昨年の秋に作業用PCを新調したとき、OSもXPからWindows7(64ビット版)にバージョンアップしました。  アプリやドライバが64ビットに対応してきたので、ちょっとずつ不便を感じないようになってきましたが、導入直後はかなり大変でした……。  そんな中、64ビット対応を

 何年か前から愛用している親指シフトですけれど、今ではすっかり執筆に欠かせない要素となっています。  親指シフト&キーボード(Realforce106)とATOK2009&辞書セット(国語・広辞苑・類語の3つ)、そして秀丸エディタ(縦書きモード)があれば、私は小説が書けます。

 もう半月以上経ちますが、轢き逃げ事故の調書を作りに、千葉県警に出頭してきました。もちろん真鈴号で。当時と同じ服装。暖かかったので、グローブだけは指切りタイプでしたけど。  3時間くらいかかりますよ、と言われてたのですが……本当に3時間かかりました(苦笑)

 来月の8日にATOKと広辞苑の最新版が出るのでバージョンアップするつもりです。ATOKに関しては特に心配してませんが、問題は広辞苑。  今使ってるバージョンは、正直、仕事で使うには少々頼りないです。  国語辞典も一緒にATOKに組み込んでいますが、この2つでは足り
『ATOK2008と広辞苑と白い恋人』の画像

ノートパソコンの環境をちょっとずつ整えているんですが(来週くらいから、本格的に仕事に投入予定)、久々にMS-IMEを使ったら……いかに日頃、ATOKに助けられているかがよおっっっくわかりました。 もちろんATOKにだって不満は山ほどあるんですが、それでもストレスが溜ま

ATOK 2006 for Windows 電子辞典セット 私の大事な相棒・ATOKの最新版を購入しました。 電子辞書は前のバージョンを所有してたのですが、昨年のPCクラッシュの際にインストールしなかったため、ここのところはずっと辞書なしで使用してました。 なんでインストールしな

私は一太郎の登録ユーザーですが、原稿を印刷するときくらいしか起動していません。ATOKのおまけ、という感覚で買ってるからです。ATOKは手放せませんけどね。 ちょっと古い話ですが、その一太郎に文筆業向けの限定版が出るというので期待して待ってたんですよ。これなん

えー、現在、練習を兼ねて親指シフトで入力中。 これで小説書けるようになるのはいつになることやら……。 ATOKもデフォルトで対応してくれればいいのになー。

私は小説の書き方というのを知りません。まともに勉強したこともありません。小学生の頃、ミステリの書き方という文庫本を読んだことはありますが(Sという、当時のベストセラー作家が書いてた)、はっきり言ってなんの役にも立ちませんでした。 最初に長編作品を書き上げ

↑このページのトップヘ