一日一歩〜青橋由高の特別でない毎日〜

一日一歩〜青橋由高の特別でない毎日〜 イメージ画像

一柳凪

みすてぃっく・あい 一柳凪(著)・狐印(イラスト閉ざされた女子寮、わたしたちのキケンなアソビ── 冬休みの女子寮には、四人の美術部員しかいなかった。 ぼけぼけおっとりの沖本部長に読書魔(ビブリオマニア)の天才・三輪先輩、あっぱらぱーの門倉せりか、そして

 小説のいいアイディアが浮かんだので急遽取材に行こうと思ったのですが……ネットで検索した限りでは、近所(半径50キロくらい)にはありませんでした、その対象となるものが。  思っていたより珍しいようです、********。  一度取材してから書きたいんですけ

↑このページのトップヘ