一日一歩〜青橋由高の特別でない毎日〜

一日一歩〜青橋由高の特別でない毎日〜 イメージ画像

ライトノベル

 新刊「僕には龍神(ドラゴン)なお姉ちゃんがいます」の発売はもう少し先ですし、私生活はもう、原稿書くためにファミレスに行くくらいしか変化がございません。毎日、どのファミレスに行くか悩むのがちょっとした楽しみです。東北旅行が懐かしい……。 僕には龍神なお姉
『異世界ファミレスのせいでハンバーグ食べたくなった』の画像

狼と香辛料 Ⅹ 支倉凍砂(著)・文倉十(イラスト) 電撃文庫 ケルーベでの騒動の後、ロレンスたちが向かったのは海を渡った島国ウィンフィール王国。目的地は、「狼の骨」を持つという聖ブロンデル修道院だ。  王国に着いたロレンスたちは、港町の商会で、羊毛取引で富

とらドラ10! 竹宮ゆゆこ(著)・ヤス(イラスト) 電撃文庫  いよいよ最終巻。  8巻くらいからいきなりラストっぽい展開に突入したので予測はしてましたけど、もう1、2巻は続くと思ってたのでちょいとびっくり。  ネタバレになるから多くは触れませんが、かなり

オオカミさんと毒リンゴが効かない白雪姫 沖田雅(著)・うなじ(イラスト) 電撃文庫 渡る世間は鬼ばかりなんかじゃない。今回のテーマは家族です(マジです)。  衝撃! りんごさんにはお姉さんがいた。ミス御伽学園の超美少女、その名も白雪さん。でも、おっとりゆ

とらドラ・スピンオフ2! 虎、肥ゆる秋 竹宮ゆゆこ(著)・ヤス(イラスト) TVアニメ絶賛放映中! 今度のスピンオフは短編詰め合わせ!  食欲の秋。秋刀魚、栗、きのこ、巨峰……おいしいもの、たくさん……かくして虎は、太った。実乃梨の過酷なダイエット法を諦め

マリア様がみてる ハローグッバイ 今野緒雪さようなら、お姉さま―― 卒業式当日。二年生は、三年生の胸に薔薇をつけにいく。二年松組の祐巳は、三年松組の祥子の教室へ向かう。クラスが違うため、由乃は令に薔薇をつけられなくて…。同じ頃、校門には蓉子と聖の姿が!?

いぬかみっ!EX わんわん!! 有沢まみず 我らが裸王・川平啓太と犬神のようこが帰ってきた!  吉日市のヘンタイたちの希望の星、裸王・川平啓太が帰ってきた!  相変わらず他の女の子にちょっかいを出して犬神のようこに追い回されたり、朝起きたら身体の一部に大異

乃木坂春香の秘密 8 五十嵐雄策(著)・しゃあ(イラスト) 二人夜景を見ながらお嬢様のシークレット・ラブコメ第八弾☆  容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)』という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。温泉旅行で彼女と一緒に乗り切った最後の

とらドラ9! 竹宮ゆゆこ(著)・ヤス(イラスト) 修学旅行の冬の雪山で思いがけず大河の本当の気持ちを知ってしまった竜児。大河はそのとき事故によって意識朦朧となっており、しゃべってしまったことを覚えていなかった。そんな大河を前に竜児は態度を決めかねるが……

ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック? 新井輝(著)・さっち(イラスト)クライマックス直前! 喪失した愛、見つかりますか? 佳奈への告白で傷ついた日奈は、エッチすれば自分が女だと納得できると健一に泣きつく。友情を誓った健一は彼女を慰めようとするのだ

お釈迦様もみてる 紅か白か 今野緒雪(著)・ひびき玲音(イラスト) 「マリア様がみてる」花寺版!! リリアン女学園の隣にある、仏教系の花寺学院高校。入学式の朝、新入生の福沢祐麒は、校門に入ってすぐの分かれ道で立ちすくむ。そこは源平関所だというのだが…!? 

狼と香辛料 Ⅷ 対立の町(上) 支倉凍砂(著)・文倉十(イラスト) 『狼の骨』の噂を追うホロとロレンスが次に訪れた町とは──!?  ローム川で耳にした、『狼の足の骨』の噂。教会勢力は、どうやらその骨を自らの権威誇示のために利用しようとしているらしい。自分と

ばけらの! 杉井光(著)・赤人(イラスト) とあるライトノベルレーベルからデビューした新人作家・杉井ヒカル。彼を取り巻く先輩や同期の作家たちは、驚くことにみんな美少女だった!  ――人間じゃないけど!!  ヒカルが住むアパートでは、株やパチンコに熱中する不

5
乙女はお姉さま【ボク】に恋してる 櫻の園のエトワール 嵩夜あや(著)・のり太(イラスト)可憐な乙女たちが紡ぐ、超人気ストーリー究極の特別編! 第百九期メンバーを送り出してひと月、聖應女学院にまた新しい春が訪れる。厳かなはずの入寮式早々、遅刻して駆け込んでき

れでぃ×ばと! 7 上月司(著)・むにゅう(イラスト)白麗陵に渦巻く、秋晴を狙う陰謀の気配……再び!! 深夜の白麗陵。宮殿風の上育科寮で、蝋燭の灯りに浮かび上がるふたつの影。その影たちは、現在絶賛婚約保留中の秋晴を真の「旦那様」とするべく、今再びの密謀に身を

↑このページのトップヘ