昔から筆記用具をあれこれ試してきました。執筆に直結するキーボードほど特別なこだわりがあるわけでなく、できるだけストレスなく書きたいって程度なんですけどね。

 たとえば校正のときに使う赤ペンも、だいぶ試しました。ここ何年かはずっと三菱鉛筆のユニボール シグノを愛用。ボール直径は0.38mm。0.28mmも試したんですけど、私にはちょっと細すぎるかも。

校正用の赤ペン
「僕には吸血鬼殺(ヴァンパイアハンター)な姉さんがいます」の校正時



 最近は、万年筆のよさに気づいて、アイディアまとめるときにちょこちょこ使ってます。
 私が持ってるのは、プレゼントでもらったウォーターマンと、外出時に必要になって急遽購入したプレピー。前者はともかく、後者は確か300円くらい。でも、これがなかなかいいんです。



 ペン先の太さはウォーターマンがM、プレピーがFなのですが、この中間のMFが欲しくなっているところです。
 ただ、プレピーはMとFしかない模様。

 インクが乾きにくくなるスリップシール機構ってのが便利なので、同じくプラチナ万年筆のラインナップを見てみると、

プロシオン
プレジール

 という、手が届きやすい価格帯のものを発見。お試しするにはいい感じ。ただ、これもMとFしかないっぽい……。うーん。
 国内メーカーは海外メーカーに比べてペン先が細めらしいので、Mでちょうどいいのかな?




 などと迷ってるうちに文具店に行くことができたので、まずはプレピーのM、買ってきました。さてさて、どんな感じかなー。