202108天才妹メイドはモルモルエロエロ!天才妹メイドはモルモルエロエロ!
青橋由高(著)・有末つかさ(イラスト)
美少女文庫(サンプルはこちら

AmazonKindle
honto
FANZA(紙)FANZA(電子)
メロンブックス……特典及び限定版あり
とらのあな……特典及び限定版あり
楽天ブックス
BOOK☆WALKER
DLSite
版元ドットコム(詳細)
兄さんのメイドになって、ご奉仕実験スタートです。
白衣の妹メイド・結衣とファーストキスに初体験!
パイズリご奉仕、校内H合宿で兄の心肺を鷲摑み!
天才頭脳と重い愛で尽くしまくりのエロエロメイド。
「好きなだけ兄さんで実験できて幸せです――永久永遠にエッチしましょう」最強コンビの最高メイド。

その2から続く)

 前回書いたように、初稿の途中で大幅に手を加えて設定やらストーリーやらを変更しました。3章の後半もほぼ終わった状況でしたから、毎度書き直しをしまくる私もさすがに悩みました。もったいないとか面倒ではなく、単純にスケジュールの問題で。

 でも、自分の心を誤魔化して書くのは読者に対して失礼だし、一度でも妥協したら次もまたやっちゃうと思い、決断しました。
 そんな私の背中を押したのが、イラストの1枚目の結衣とモルダでした。

結衣
 照れる結衣

モルダ
 もはや賢いってレベルじゃねーぞ、でも可愛いぞ、なモルダ

 イラスト指定した時点でのテキストでは、結衣はこういった表情しないと思ってたし、モルダもここまでお利口さんではなかったんですが、自分の中でもやもやしてたものがこれを見てなくなりました。
 特に、結衣の照れっぷりが可愛くて、やっぱりこういうキャラだよな、となると、迅も違う性格になるよな、モルダを利口にするには……と、設定を大幅に変更し、ここまでのテキストをほとんど書き直しました。
 結果的にはこれでよかったと思ってます。

 なお、ストーリーの流れそのものは一緒です。三章の合宿の展開が一番難しかったんですけど、設定変えたらさくさく書けました。結衣が作者の想定を超えて暴走しまくりましたが。

 そうそう、夜の夏山のシーンでのお薬、あれの元ネタは「悪魔メイドはツンツンデレデレ!」です。メイド協会を通じて、彼のサンプルデータが結衣に届いたと思われます。

 こういうご時世でなければ、廃校を利用した宿泊施設に取材に行きたかったんですけどねー。残念。
 実際にある施設を何ヶ所かモデルにしてます。
 結衣と迅を案内した施設の人は、特選小説や黒本の短編で出てきた人妻メイドさん……なんて裏設定もあります。

 最終章、結衣が**のために薬を作りますけど、あれはプロットにない設定です。執筆中に思いついて、アドリブでぶち込みました。どうして結衣が薬にあそこまで執着してるかってことから、自然とああいう流れに。

 結衣のあの特殊能力は、恐らくはご先祖が鬼江村の出身だからと思われます。詳しくは「トリプル押しかけシリーズ」読んでください……と、宣伝。

 あと、結衣にメイドの研修したのは、恐らくは音々たん。お兄ちゃんを籠絡したい同志として、結衣からの論文を心待ちにしてるはず。

 結衣の白衣に関するエピソード、いくつか考えてましたが、ページ数の関係でカット。暇になったり寂しくなったりすると、余った袖に顔を埋め、すんすんと兄の匂いを嗅いでるのはデフォルトです。


 兄が大好きで、ちょっとマッドで、自分から迫るのはよくても、防御に回ると途端にチョロくなる、そんな妹メイド、みなさんに可愛がってもらえると嬉しいです。