202104僕には吸血鬼殺な姉さんがいます僕には吸血鬼殺(ヴァンパイアハンター)な姉さんがいます
青橋由高(著)・HIMA(イラスト)
フランス書院美少女文庫(サンプルはこちら

Amazon(紙)Kindle(電子)
メロンブックス(特典あり)
とらのあな(特典あり)
FANZA
honto(紙)honto(電子)
版元ドットコム(詳細情報)
世界最強の姉は世界で一番、弟が好き好き大好き❤
吸血鬼の弟が姉の血を吸い処女を奪うのは当然だぞ。
無敵の退魔師・絢辻あやめは超絶弟大好きブラコン。
姉処女イキ初体験に弟ぺろぺろフェラ、イチャラブ
女装プレイまで! 妖槍クモキリ片手に絶頂極めて
――姉は弟のプロポーズ射精に幸せマゾ堕ち陥落へ。

その1から続く)

 その1でもちょっと書きましたように、初稿の執筆を開始したあとで、あやめお姉ちゃんの設定が変更になりました。OLから退魔師へと華麗な転身ですよ!
 元々は、吸血鬼とかの人外の活動や生活をサポートする会社に勤めてるって設定でした。あやめの上司兼先輩兼相棒の平木さんって方が出てきますけど、最初はこの方がヒーラー退魔師ではなく、吸血鬼でした。キャラとか関係性は、全然変わってません。

 ちなみに、なんで書き始めてから設定変えたかっつーと……ブラコンお姉ちゃんってだけだとちょっと引きが弱い&表紙デザインが難しいんじゃね、という指摘が担当さんからありまして。引きが弱いってのは自分でも感じてて迷いがあったんで、じゃ、槍使いにしますってことに。
 私は表紙イラスト、スーツ姿のお姉ちゃんを想定してましたけれど、もうちょっと派手じゃないと厳しいかもなー、とも感じてましたから。

 ちなみに、設定いじっても、話の流れはまんま一緒です。……よくよく考えると凄いな。
 要するに、退魔師要素とかあんまり重要ではなく、超絶ブラコンお姉ちゃんってところがこの作品のメインなんですね。それこそ、怜が吸血鬼ってところもおまけであって、この姉弟をいちゃいちゃさせたかっただけなんです。

 でもまあ、せっかくの設定なんだから、ちゃんとお話に組み込もう、と思いました。当然ですね。え、この設定意味あるの、なんて読者に思わせてはいけませんから。
 幸い、設定をいじる可能性があるとわかってたんで、後半はそこまで細かい展開を決めてませんでした。変更できる余地があったわけですね。

 誤算だったのは、自分で考えてた以上に大がかりな修正が必要で、結局、ほとんど書き直すことになった点でしょうか。ただその分、退魔師ブラコンお姉ちゃんのアレっぷりや魅力を描けたんじゃないでしょーか。いや、判断するのは読んでくださったみなさまですけれど。

 元々私はふんわりしたプロットから、書きながら思いついたネタをどんどん組み込みつつ、微調整しながら完成させていくスタイルなので、まあ、いつもと同じだった気もします。きっちりしたプロットを最初から作れないだけですが。効率悪いですが。

 特に今回は、途中から思いついたアイディアが多くて、それをどう活かすかが一番大変でしたね。プロローグが特に……。

その3に続く)