原稿の序盤は自分でもまだキャラが完全に確定してないので(私は書きながら少しずつ固めていくスタイル)、なかなか執筆速度が上がりません。どうも端から見ると全然仕事してないように思われるらしく、内外からのストレスが増大します。

 少し前、と言ってももう10年くらい昔になりますか、ごく軽いうつ病(それでも治すのに1年半くらいかかった……)になったことがあるんですが、そのときみたいに最近はまた夜にちょっと散歩するようになりました。
 アイディアを捻り出すにも散歩はいいですしね。自転車も気分転換にはなりますけど、考え事には向いてない気がするので。事故怖いし。

 今日もちょっと歩いてきました。使えるかもしれないアイディアを1つ思いついたのはいいですが、重大なミスにも1つ気がつきました。タイトルにもかかわるミスだったので、早めに気づいてよかったです。あっぶねー。

 こんなふうに地味にストレス増える日々が続いてまして、ついカッとなって物欲発散しちゃいました。ずっと不調だった無線LANルーター、明日届きます。改善されるといいなぁ。



 本当は外で原稿書くときに使うノートPCもそろそろ新調したいです。欲しいと思ってるThinkPadのX1 Carbonってモデルを周囲で使ってる人が増えてて、めっちゃ羨ましくなってます。
 遠野渚さんも今年買いやがったらしく、羨ましいったらありゃしません。ちっ。

 私の使ってるやつ、キーボードの刻印が剥げてきて、たまにアルファベット入力するとき、「あれ? どのキーだっけ?」ってなります。日本語入力は親指シフトだから、当然、完全にブラインドタッチなんですけどね。

剥げてきたキーボード

(最近読んだ美少女文庫)
催眠性指導 (美少女文庫)
巽飛呂彦・愛上陸
美少女文庫(公式サイトはこちら
2017-08-21


オリジナル同人誌や愛上陸さんのコミックも読んだことあるんですけど、あの魅力をそのまま小説にして、さらに発展させたエロエロな1冊に仕上がってました。

最初から最後までごりごりとエロスで押し切るという、徹頭徹尾、アクセルべた踏みのすっごい作品です。これ、書くの大変だろうなぁ、などと同業者視点で思いつつ、うへぇ、エロいぜハアハアと、読者視点で堪能させていただきました。

イラストもカラー・モノクロともに素晴らしく、このジャンルが好きな方は読んで損はないかと。

母娘丼のシーンがもっと欲しかったなぁ、などと思う、母娘丼フェチの私でした。