通常サイズ恋乙女 ヤンデレ生徒会長ささら先輩と毒舌水泳部・琴子ちゃん
青橋由高(著)・有末つかさ(イラスト)
美少女文庫(公式サイトはこちら

幻のプロローグはこちら
後日談はこちら

オータムリーフ限定特典情報はこちら
フェア実施店舗リストはこちら
「キミは私の王子様 絶対逃がさないわ」
「淫獣なセンパイはあたしだけ犯してればいいんです!」
憧れの生徒会長・中之宮ささらVS.毒舌水泳部・天野琴子。
甘いヤンデレ告白&あまのじゃくな純情脅迫にハマって、史上最重な三角関係へ!
黒ストッキングで搾られたい? 競泳水着に溺れたい?

その1から続く)

 今回に限ったことではありませんけれど、私の作品は毎度毎度初稿が無駄に長いです。この症状は年々悪化の一途を辿っており、もはや完治の見込みはないと諦めてもおります。
 原因の一つにキャラが動きすぎる、喋りすぎる、というのは理解してますが、改善の兆しすら見えません。そもそも修正するつもりもないようです、このバカ作家。

 これはヒロインが1人だろうと3人だろうとあまり変わりません。むしろ少ないと油断してしまうため、単独ヒロイン作品のほうが「こんなはずじゃ……」と青くなるケースが多い気もします。

 じゃあダブルヒロインならバランス取ろうとするからいい感じに収まるんじゃね?……なんて夢を見ていたこともありました。具体的には初稿の1章が終わるくらいまで。甘かったです。だだ甘でした。
 どんくらい甘かったかといいますと、初稿だと1章が終わったのが86ページ。全5章ですんで、単純計算で430ページ。実際はここにイラスト10枚の他、目次やらなにやらが入るわけでございます。

 さすがのバカ作家も「これはまずい」とわかります。ただ、一応は考えておりまして、2章は元々短めにするつもりでした。3章以降もメリハリをつけて、どうにか300ページちょいで……と計算してたんです。
 初稿、2章までで157ページになりました。157引く86イコール71。…………大して変わってねええええ!
 っつーか全体の4割ですでに157ページとかアホかと!
 しかもですよ、今初稿確認したら、2章の最後にこんなメモがありました。

「万が一ページに余裕あったらここにピロートーク加筆したい」

 万が一、とか書いてるところが切ないですね。己の置かれた状況を一応は理解していたようです、当時の私。
 私はよくこういったメモをしますが、実現した試しはまずありません。

 3章までで202ページ。ここは最初から短くする予定だったので、ちょっと落ち着きました。

 4章までで277ページ。また増えてます。でもぎりぎり許容範囲。私の中では。担当さんの中ではきっと違うでしょうが。普通はここで完結してなきゃならない分量です、そもそも。
 初稿テキストにはこの章のラストにもメモがありました。

「余裕あれば、イヤミたっぷりのささらのシーンも加筆」
「三人一緒、あるいは琴子とささらの二人だけで入浴シーンとか」

 悲しいですね。「余裕あれば」と書いておきながら、最初からそんなものが存在しないだろうと絶望してる作家の悲哀がこのメモから漂ってます。

 そして最終章までで367ページ。……この章だけで90ページ書いてますよこいつ! 反省の色皆無ですよ! まったく学習してませんよ! ここでもメモがあって、

「なんかピロートークを」

 とかほざいてやがりますよ! サイテーです。琴子だったら、
「ホント、愚かなんですから。その頭の中に入ってるのは大豆由来の発酵食品ですか?」
 とか言いそうです。

 んでエピローグを加えての初稿が378ページ。イラスト抜きです。プレーンテキストです。
 ページが足りないのが早い段階でわかってたから、改行少なくしてぎっちり詰め込んでのこの分量。もはや笑うしかございません。

 私はエロシーンは削らない主義なので(だってエロ小説ですから!)、必然的に日常パートをカットします。
 ささら先輩と琴子をノリノリで書いたシーンをかなり削りました。もったいないなぁと思いましたが、自業自得なのでどうしようもありません。

 主人公の悠真の見せ場であるシーンが妙に軽いのはここらへんも少しだけ影響してます。少しだけね。
 初稿の時点から「さらっと流したほうがいいかも」と考えてたので、実は火事や大会のところはほとんどそのままです。

 ささらが腹黒く暗躍する小ネタとか、琴子のツンデレ毒舌シーンのカットは今でもちょっと残念だったりして。

(その3に続く)