六つの秘められた媚薬 (宝島社文庫)
青橋由高・藍川京・うかみ綾乃・草凪優・山口陽・睦月影郎(著)
宝島社(公式サイトはこちら
2014-01-09

今一番読みたい官能アンソロジー、最旬作家6人の“競艶”でついに発売!巨匠・睦月影郎は三角関係を、女傑・藍川京は鎌倉を舞台に薫り溢れる一編を、勢いが止まらない草凪優は濃厚旅情エロスを。青橋由高、うかみ綾乃、山口陽を加えた6人の人気作家が寄せる、六つの誘惑……。全作文庫初収録で快感が止まらない!

 2014年1月発売。

 宝島社さんの官能アンソロに参加させていただきました。
 私の作品は「初恋処方箋」というタイトルですが、元は特選小説に掲載された「初恋の女性(ひと)の娘」という短編を改題したものです。
 版元が違うので若干、漢字などを変えてますが、基本的には同じです。ほんのちょびょっとだけ改稿はしてますが。
 作品名が変わってるのは、アンソロの「六つの秘められた媚薬」というタイトルに合わせて欲しいとリクエストされたからです。他にいいタイトル案浮かばなかったところに私の限界が露見してますね……。

 同じ美少女文庫組の山口陽さんも書いてますし、私を除けばかなりの好メンバーの作品が収録されてます。
 興味のある方は是非。

 なお、「初恋の女性(ひと)の娘」は、フランス書院文庫で出た「初恋の女(ひと)の娘」のプロトタイプともなった作品です。
 もちろんキャラは全然違うし、別の話なのですが、あれが気に入ってくれた方はこちらも読んでもらえると嬉しいです。
 タイトルが紛らわしくてすみませんっ。