堕トス: 令夫人と美姉妹と悪魔家庭教師 (フランス書院文庫)
麻実克人
フランス書院文庫(公式サイトはこちら
2013-10-23

「奥さま、大きな声を出すと理沙に気づかれますよ」
背後から令夫人を深々と抉り、耳元に囁く悪魔青年。
苦悶に歪む36歳の美貌、結合部からもれる淫らな恥音。
家庭教師の合間に家人の目を盗んで調教する人妻の体。
肉交に狂い啼く双臀を見下ろしながら淫獣は誓う。
真島家の女すべてを俺の従順な性奴隷にしてやる……

 主人公の家庭教師が教え子に手を出し、続いてその母親や姉を……というのは、ある意味このジャンルでは定番ネタ。だからこそ、書き手の技量が問われます。
 しかしこの作品に「ありがち」という感想を持つことはなく、むしろ新鮮味を覚えました。

 序盤は教え子を籠絡する主人公なのですが、こやつ、なかなか最後の一線を越えません。おい、なにしてやがんだ、などと思ってると(笑)、どうやらメインヒロインは母親のほうだと中盤で判明します。
 なるほど、そっち狙いだったか、と気づいたときにはもうねちっこい責めがスタート。おおう、エロい。いい意味で官能小説っぽいテイスト。私は大好き。
 プレイ内容はねちねちしてても文章はスマートなので、読みづらいということはないですね。むしろさくさく読み進められます。各濡れ場シーンは短すぎず長すぎない、適度な分量、といった感じでしょうか。

 この「堕トス」、一番の特徴はそのストーリーでしょうか。
 主人公のキャラクターやヒロインたちを狙う理由がなかなか印象深かったです。

 もうちょっと全体的なヴォリューム欲しかった気もしますけど、文庫1冊だと厳しいんですよねえ。わかります。わかります。

 しかしいい味出してるなぁ、この主人公。