トリプルお嬢様を差し押さえ! (美少女文庫)トリプルお嬢様を差し押さえ!
山口陽(著)・へるるん(イラスト)
美少女文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)
「さあ、誰からモノにするんだい?」
エロトークも冴え渡る先輩・澤城小夜。
着物で巨乳でお姉ちゃんな、東雲 唯。
唯一の常識人だったのに……愛染千夏。
三つ並んだお尻には、差し押さえ印&落書きが!
初体験から処女独占 Wフェラに交互突き ハーレム上等
お嬢様たちが贈る夢の4Pパーティ!

 自意識過剰なんでしょうけど、最初タイトル見たときは「あれ、こんなの書いたっけ?」と素で思いました(笑)。別の世界線ではきっとそこの私が書いてる気がします。もっとも、内容は全然別のものになってるでしょうけれど。

 さて、この「トリプルお嬢様を差し押さえ!」ですが、タイトルから予想したものとは違う展開をしていきます。
 あ、あれ? 主人公が差し押さえくらってるよ? んんん?
 そんなことを頭の片隅で突っ込みつつ、ページを捲ります。

 トリプルヒロインものということで、どうしても「自分だったら」という観点で読んでしまいますが、私と違ってみっちり文章を詰め込むこともなく、ちょうどいい密度のテキストのおかげか、さくさく先に進めます。
 ここらへんは山口さんの技量ですね。
 文章に関しては全編通して気になるところはまったくなく、いい意味で安心&安定。

 多人数ヒロインだとどうしてもキャラや設定の説明で序盤にページ食っちゃいますけど、まどろっこしい展開もなく、それでいてはしょった印象もなく、いい感じでエロシーンへ突入。見習わなければ。

 面白いな、と思ったのは、二人目と三人目のヒロインをほぼ同時に、しかもかなり早い段階で登場させたこと。
 これのおかげで全員揃うまでの時間(ページ数)を短縮できて、物語にスピード感が出ます。
 さらにこの後のエッチも複数プレイがメインとなり、最後の4Pシーンまで怒濤の勢いで雪崩れ込みます。

 各エロシーンもキャラ毎の特性に合わせてあり、エッチしつつ登場人物の描写もするという高等テク。
 ページ数のわりにエロ濃度が濃く感じられるのは、ここらへんに理由があるかと思われます。

 へるるんさんのイラストも可愛い&エロス。特にモノクロイラストの完成度の高さが素晴らしい。キャラの特徴も出てるし、テキストにもきちんと合ってます(ここ大事)。

 そうそう、タイトルやカラー口絵の意味は終盤になってわかります。なるほど、そういうことだったのかと。

 美少女文庫の2013年上半期、セールス上位というのも納得できる、ハーレムもののお手本となるような一冊でございました。


 ところで……主人公のお父さんはどうなった(笑)。