同級生の母娘【初体験の家】 (フランス書院文庫)同級生の母娘【初体験の家】
上原稜(上原りょう)
フランス書院文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)
「ああ、気持ちいい……あなたが中に入ってきたわ」
僕の股間に沈んでくる静子おばさんの豊かな熟尻。
ねっとり絡みつく女陰、重たげに揺れるふたつの胸。
放課後、クラスメイトの母親と続ける青いABC。
妬み、慰め合いながら少年に身体を捧げる美母娘。
フェラ、騎乗位、母娘3P……すべての妄想が叶う家!

 読み始めてすぐに、
「あれ、どっこで見たことある展開だぞ……?」
 と思いました。雨の中、母娘を拾う少年って……私の黒本デビュー作「僕とメイド母娘」と同じ。
 考えることはみんな一緒なのね(笑)。なんか嬉しい。
 ただしこちらは娘が二人です。美母と美姉妹……やべぇ、理想じゃんこれ!
 私との一番の違いはメイドが出ない……は当然として、主人公のキャラですね。

 300ページちょっとで母娘3人とむふふな関係になるにはやはりこれくらい積極的(鬼畜?)でないとダメなんでしょうか。この少年、なかなかあくどい。母娘も結構簡単に堕ちますので、どっかの作家の本と違って焦れったくないです。その分エロシーン満載。

 デビュー当時から比べてずいぶん文章が洗練されたなぁ、というのが正直な感想。なるほど、これが売れっ子の実力か……!
 個性もありつつ、基本がしっかりしてるからエロさが引き立ちます。最近読んだ官能作品ではトップクラスのエロ文章。決してしつこくはないんですけどね。なんかやたらとエロス。

 基本をしっかり押さえた、母娘丼ハーレムの良作でございました。


 私はツンデレ長女が好きです、はい。