最高の個人授業 (フランス書院文庫)最高の個人授業
鷹羽真(鷹羽シン)
フランス書院文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)
「勇気を出して……私と経験しちゃおうか?」
美脚お姉さんに密室で教わった、大人になるためのABC。
未亡人の蕩ける熟肉で覚えた、牡へ成長するためのXYZ。
未来と明乃、二人の年上が施す特別個人授業を経て、 憧れつづけた叔母・今日子との交合で、歓喜は頂点に!
年上の果実で甘美なる世界に導かれる最高の「青い体験」!

 美少女文庫でお馴染み鷹羽シン(黒本だとカタカナが漢字になる模様)さんの黒本。 ……黒本なんだけど……いつもの鷹羽さんだこれ(笑)。私も人のこと言えませんけどね、ええ。

 あの独特の擬音・オノマトペの乱舞はもちろんのこと、こっちでも手袋出しまくってるよこの人!
 どんだけ好きなんですか(笑)。

 読んでて「お?」と感じたのは、全体の構成。
 作品内では合計3人のヒロイン(メインの叔母・近所のお姉さん・未亡人)が登場しますが、いわゆるハーレムものではありません。
 一般官能でよく見かける(と私は思ってる)スタイルっぽいなぁ、と思いました。
 単純にこの形式にするだけでなく、そのための理由もちゃんとストーリーに組み込んでありますね。
 もっとも、それでも「おいおいどんだけモテ期だてめー」とか思った&妬んだ(笑)。ちきしょーリア充め!