34歳無職さん 1
いけだたかし
メディアファクトリー

公式サイトはこちら

 ゴミを出す日じゃないと早起きしない、というところなど、やたらと思い当たるフシがありまくる1冊。
 掃除機買っちゃうエピソードとか、自分のことみたいで凄く胸が痛む(笑)。
 あ、あれ? もしかして私も無職?……などとどきどきするくらいに感情移入して読みました。

 私も大学卒業してから今の仕事に就くまで実質無職みたいなもんだったんで、当時のあのなんとも言えない感情(やったことある人にしかわかるまい)を思い出してしまいました。
 罪悪感もそうだし、自分の価値が喪失したような気になるんですよねえ。

 まあ、本編はそんな小難しいこと考えずにのほほんと楽しめますのでご安心を。

 こーゆー人と結婚したいです。