「青橋由高短編集3 くららの冬休み」、ほぼ書き終わったんですけども、当初予定していた80ページを軽く超過してしまい、あとがきとか目次とか抜きで100ページになっちゃいました。あーあ。
 あとで毎度お世話になってる勝美印刷さんに見積もり出してもらいますが、最悪、頒布価格、100円上乗せになっちゃうかも……。そうなったらごめんなさい。通常の印刷所さんだったらそもそも現状の価格も無理なんですけどね。かなり勉強してもらってますんで。
 見積もりの結果、数万程度の違いなら現状維持にします。

 さーて、次は「ごくあま!」の続きだ。こっちは予定のページ数(128or144)に収まりそうな情勢。