こっそり静かに、WEB連載「巫女とメイドと甘い生活」の3回目が(全4回)が更新されました。
 編集さんに聞いたところ、なぜか1回目に比べて2回目のほうが読んでくれた人が増えていた模様。逆ならわかるんですけどね。3回目はどうかな?

 私生活でアクシデントがあったりして忙しい中、冬コミの新刊も地味に書き進めてます。「巫女&メイド」の後日談は、あとはただ本編を書くだけなんですけど、もう一冊の「青橋由高短編集3」のプロットに苦戦中。
 「トリプル押しかけ」シリーズのくららとゆららでまた書こうとは決まってるものの、その内容をどうするかが思い浮かびません。
 ひとまず先に表紙だけ描いてもらおうかしら……。

 くららとゆららを同時に使うと、めっちゃ疲れそうだからそれは避けたいですねえ。あいつらのセリフ考えるの、普通の何倍も大変だし。
 あと、書き分けも苦労しそう。
 読者には「どっちも一緒じゃん!」とか言われるでしょうけど、一応、作者の中では微妙にあの二人、違うんで。

 ……今回はくららを中心に、「トリプル押しかけ許嫁」の連中をメインにしようかなー。
 うーむ、悩む。