隣の巫女さんは皆笑う -電影絵巻-(18禁)
はいんける

稍日向(脚本・原画・原作)・青橋由高(テキスト)

 巫女スキーなら読んでいるであろう、

稍日向隣の巫女さんは皆笑う(18禁)
稍日向
コアマガジン

公式サイト(サンプルあり)はこちら(18禁)

 この作品のデジタルノベル(で、いいのかな?)のテキストを担当させてもらいました。

 元々は「魔孕巫女〜お清めは愛欲淫靡に〜」を作ってるときに「稍さんの作品でデジタルノベルできたらいいね」と話してた……らしいのですが、私はこのとき物書き人生で最大の修羅場(これ以上ひどいスケジュールはもうないでしょう)を迎えていたため、記憶がかなり曖昧(笑)。この頃で覚えてるのは「人間、40分の睡眠でもなんとか生きていける」「一日23時間仕事すると身体を壊す」「本気でヤヴァいと文句を言う気力も沸かない」という有様です(^^;

 しかし私の知らないところで実は企画が進行していたらしく、ちょうど2年ほど前に電話が来て、「じゃ、シナリオよろしく!」と(笑)。
 原作本は持ってたんですけど、なぜか見つからなくてもう一度買い直して(実はこれで合計3冊目!)、私なりに頑張って哉羅様たちを書いてみました。
 原案は稍日向さんが担当してますし、ちゃんとご本人の検閲(笑)も受けてますので原作ファンの方もご安心を。

 ただ少し前、本人に聞いたらどこまで自分の脚本なのか覚えてないと言ってましたが。いや、私もどこまでが原作でどっからが自分のアレンジなのか完璧に覚えてません。
 だって2年前なんだもん、書いたの! テストプレイしてもまったく思い出せませんでした。はっはっは。

 興味がありましたらよろしくお願いします!