姦獄姦&獄 奪われた新妻
番龍人
フランス書院文庫

公式サイト(サンプルあり)
夫のため、操を捧げることを決断した哀しき新妻。
生まれて初めて、屈辱的な獣の体位で犯されながら、必死に嗚咽を堪え、罪深き肉体を泣いて侘びる献上の日々。
教授の供物として貪られるほどに被虐美を漂わせ、夫の知らない麗しい“女”に変わっていく麻衣子と優美子。
姦られ、獄われ、奪われた新妻の哀しすぎる性隷生活!

 新妻寝取られってあらすじと表紙のエロスに惹かれて編集部から強奪した1冊。フィクションならではの楽しみです。ぐふふ。

 ストーリーは大きく前半と後半の二部に分かれていて、それぞれ異なるヒロインの被虐を楽しめます。こういった構成は珍しくて新鮮でしたね。ちょっと面白いかも、とつい同業者視点。

 文章は現代風で、しかもさっくり読める感じなのですが、描かれる世界はむしろ古き良き時代の官能小説風味。あの頃のテイストを現代に持ってきたような感覚を覚えました。

 読みやすい、それでいてしっかりとした文章と、ちょっとダークな雰囲気のギャップが独特の味わいを出してます。

 このジャンルは好き嫌いあるでしょうが、属性ある方には楽しめるのではないかと!