世界一甘い授業世界一甘い授業 未亡人女教師と新任女教師
神瀬知巳
フランス書院文庫

公式サイト(サンプルあり)
「先生、今ね、とっても淫らな気分なの……」
濡れたブラウスに透ける女教師の柔らかな乳房。
太腿の付け根には漆黒の翳りを隠す極小下着が!
したたかな年上の思惑を噎せかえる色香に隠し、甘えん坊な教え子を誘惑する29歳と24歳。
神瀬知巳が描く「世界でいちばん甘い」初体験!

 タイトルから想像したのは、未亡人先生が羞じらいながら主人公を誘惑して、それに張り合って初々しい新人先生が頑張っちゃう!……みたいな展開でしたが、全然違いました(笑)。

 神瀬作品にしては珍しい(と思う)、実は最初からデレデレモードじゃない(厳密に言うと違うかな?)ヒロインたちが次第にめろめろんに堕ちていく過程が新鮮でした。(新任女教師の)怜子先生は特に。まさか**とはびっくり。……ツンデレ?

 全体に漂う甘々なとろとろな雰囲気はまさにザ・神瀬ワールド。
 私が黒本で誘惑系書いたらこんな感じを目指すと思います。なんとなく自分と同じ匂いを感じるのです。

 今回、意識したのか偶然なのかは不明ですけれど、力を入れているのが口唇奉仕描写。えらくねちっこいです。分量も多め。そっちの属性ある方はたまらないのではないでしょーか。