乃木坂春香の秘密 8
五十嵐雄策(著)・しゃあ(イラスト)

二人夜景を見ながらお嬢様のシークレット・ラブコメ第八弾☆

 容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)』という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。温泉旅行で彼女と一緒に乗り切った最後の夜は一生忘れることのないもので、俺たちの関係をほんの少しだけ進めたというか気持ちが通じ合ったというか……。そんな面映ゆい気分で正式な初デートに誘われたからか、なぜか春香がいつもよりも可愛く見えてしまうのだった……。
 チビっ子戦闘メイドとランデヴーなメイド的新年会や、美夏との密着@密室に戸惑ったお嬢様女子中学校潜入日記、果ては意外な一面を知ることになった椎菜のケガ見舞いなど、いつものような日常がいつまでも続くと思っていたのだが──。


 やっぱりこのシリーズは、こういった日常系エピソードが楽しくて好きですね。大きなイベントのストーリーよりもにまにましながら読めますから。

 ただ、前巻から見え見えの展開ではありましたが、あの茅原って女が登場するだけでイライラしました。出たばかりの9巻でそっちの話に持っていくんでしょうけど、さらっと流してくれると嬉しいです。長引かせないで欲しいというのが私の個人的な願いだったりします。

 ま、ここらへんは個人の感想です(と、逃げる)。

 遊園地のエピソード(正確に言うと茅原絡みのシーンだけ)以外はいつも以上に楽しく読めました。



 9巻のあらすじ今読んだんですけど……うーん、悪い意味で予想どおりの展開? 私ごときの浅い予測をいい意味で裏切ってくれることを祈りつつ読みますか。

 別に鬱展開とかってわけじゃないですが。