ビンボーだってプリンセス!
七海ユウリ(著)・こぶいち(イラスト)

公式サイト

「サイコーでしょ?なんてったって、お姫様のパイズリですもの」
誇り高いルミアが胸乳で挟み導く、この快感!
「学園もカズキも私のモノですわ☆」
ハート放出を美貌で受けとめ、いよいよ夢の初体験へ。
学園支配をもくろむ(?)亡命姫様との同棲生活。
大和撫子お嬢様・美弥子も巻きこみ学園は大混乱!


 実は私、この作品の内容について、予備知識がありませんでした。
 タイトルから「お姫様なのに貧乏なのか。面白そうな設定だな」、表紙イラストから「ほお、もう一人ヒロインがいるのか。いいね、両手に花だね!」と勝手に予測しておりました。

 ところが実際に読み進めていくと……「おい、私の新刊とネタかぶってるじゃん!」。

 生徒会長選挙ネタってのは、まあ、ポピュラーっちゃあポピュラーですが(ちょっと前にも河里さんが書いていますし)、さすがに発売日が同じってのはまずいかな、と一瞬青くなりました。
 しかも、どう考えても私のほうがあとでプロット提出してるから、なんだか悪いことしたような気分に……。すみません。

 ま、あれですよ、総裁選挙もあったし、ある意味タイムリーってことで!?
 そもそも私のほうはあんまり選挙関係ないし! あっちはぐだぐだだし!

 そんなわけでちょっとどきどきしながら読み進んでいくと、だんだんと私の作品とは方向性が違うことが判明。ほっとする一方で、「やべ。こっちのほうが正統派だし面白くねえか?」と別の意味でどきどき。

 突然の出会いと同棲、そこに絡む幼なじみ、そして中盤で彼らを襲う大きなアクシデント……。
 物語はどんどん盛り上がっていきますし、エロエロだし、終盤になると今度はえらい濃いぃキャラ(男。おっさん)登場するし! *ないし!

「あー、これ、なんか仕込んでるなー」くらいはわかったんですが、さすがにあのミスリード(授業参観時のセリフ。読んだ方ならぴんと来るはず)はすぐには解けませんでした。
 七海さん、どっからあれのネタを拾ってきたんだろう……?


 物語の序盤でちょっとだけ触れられていた伏線が、(いい意味で)お約束どおりに収束して、ハッピーエンドに向かいます。
 ラストもきっちりまとめられて、読後感も爽やか。

 ただ……一つだけ言いたいことが。

 この学園の連中、ちょっと流されすぎじゃないかと(笑)。