乃木坂春香の秘密 7
五十嵐雄策(著)・しゃあ(イラスト)

そ、その、お風呂場でこういうことはいけないことだと……。

容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)』 という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。彼女と一緒に過ごした、大晦日から年明けの世界で一番長い一日は……、色々な出来事がありすぎて記憶もあやふやなのだが、2人にとっての秘密がまた一つ増えたことだけは確かだった。
そして、新学期。 俺と春香は椎菜の誘いを受けて、仲の良いクラスメイトたちと三泊四日の温泉旅行に参加することに。
友達同士での旅行は初めてという春香も心持ちテンションが高く、浴衣の春香が卓球したりする姿を眺めていたら、気づけばなぜか俺は女湯にいて、湯気の向こうからは聞き覚えのある声が──!?


 アニメ版を見たら意外に(失礼!)よくできていたので、積んでいた7巻を消化。
 脳内ではすでにアニメ版の声やビジュアルが再生されてます。

 そういや、作中で声優さんネタ、やってますね。こういうお遊びは大好きです。遊び心とサービス精神旺盛な作者と、それを認める電撃編集部の寛大さに拍手。
 読者としては純粋に面白いと感じました。

 本編は……まあ、いつものノリ。楽しいです。
 文章もこれまでよりちょっとすっきりした印象で、読みやすくなってました。


 この巻の主役は、もちろんダグラスですよね? ヒロインは椎菜ですよね?