とらドラ7!
竹宮ゆゆこ(著)・ヤス(イラスト)

アニメ化決定! 絶好調の超弩級ラブコメ、今度はクリスマスのお話です!

停学が明け、大河が学校に戻ってくる。
折りしも世間はクリスマスの季節。 クリスマス大好きという大河は、唐突いい子バージョンに変身。
一方、実乃梨は試合でエラーをしたとかでふさぎこみ、竜児にもぎこちない態度を取るようになる。
そんな中、新生徒会長・北村が、有志によるクリスマスパーティの企画を立ち上げる。
竜児や大河、そして学園の公式美少女である亜美の参加もあり準備は盛り上がるが、実乃梨だけは相変わらず元気がなくて──。
はたしてクリスマスパーティの行方は!?
ますます脂が乗ってきた竹宮ゆゆこ、三十路の扉を開く渾身の一冊をお見逃しなく!


 1巻のときからずっと引っ張ってきた命題?に、いよいよこの巻から突入です。
 わざとぼかしてきたのか、途中で路線変更したのかはわかりませんが、ある意味大詰め。前作「わたしたちの田村くん」とは違う決着・ベクトルになることを個人的には期待(「田村くん」が嫌いって意味じゃないので念のため。違う方向性も読んでみたいな、ということです)。


 この巻は、序盤から後半の大荒れ?を予感させる空気がびしびし充満。言葉は悪いですが、非常にねちっこいですね、ここらへん(笑)。
 明るい、楽しい話を延々と描写しておいて、最後に落とす。見事です。

 これで鬱展開だったら怒りますが、もちろんそんなことはありませんのでご安心を。


 さ、まだ入手してない8巻を買いますか。