いつの間にか毎年恒例となってしまった、友人との「名探偵コナン」の劇場版を見ようツアーに行ってきました。
 向かったのは錦糸町の映画館。さすがに公開して日が経ってるので、楽々座れました。

 今年のコナンは「旋律の楽譜(フルスコア)」というタイトル。

 ネタバレになっちゃうから内容に関しては特に触れませんが、ここ数年に比べて出来はよかったと思います。いや、別に近作が悪いってわけじゃなくて、どうしても傑作であるこれと比較しちゃうためです。

名探偵コナン 世紀末の魔術師


 こっちは怪盗キッド出すという反則技使ってるから、比べること自体アンフェアなんですけどね。

 さすがにここまでの評価は下せませんが、充分に楽しませてもらいました。
 トリック自体は特別凄いものはないですが、無駄のない、それでいて必要にして充分な伏線と謎が待ってます。

 今回はいつものレギュラーメンバーの活躍がかなり少なめですが(灰原たーん……)、その代わり、秋庭怜子(CV:桑島法子)という重要キャラがイイ! のです。
 もうね、私のツボ! ツンツンしてるけど、実は……というところにもう、めろめろよ!?

 灰原たんの出番が少なかったけど、今回は許す!
 でも、来年の新作ではそこんとこ、よろしく!