アイディアを練るとき、プロットをつくるときは、ほとんどの場合、ノートにペンで走り書きしながら考えをまとめます。
 実際にプロットそのものを作成するときはもちろんPC使ってエディタにぱこぱこ入力していきますが、そのひな形は手書きです。

 あとで書き直す・清書するなら最初からPC使えばいいじゃん、と自分でも思うのです。手書きだと思考に手が追いつかないし(親指シフトに慣れちゃってるので、ローマ字入力でも遅すぎます)、そもそも私は悪筆だから、時間が経つと自分でも解読できなくなる有様。

 それなのに、いまだにこの習慣は続行中。
 多分、授業中に、ノートをとらずにせっせとアイディア書き溜めていた高校時代のクセがそのまま残っちゃってんでしょうね。大学時代もそんな感じでしたし。

 今思うと、授業中ほど集中してアイディア練れる時間はなかったような……?


にゃんこい! 1
藤原里

これは面白かったですね、ええ。サブヒロインの幼なじみが可愛いのですよ……! ゲームだったら間違いなく彼女のルートに行くね、私!

さよなら絶望先生 13
久米田康治

今回もギリギリのネタで独走中。ギリギリセーフじゃなくて、常にボーダーラインの向こう側走ってますけれど。

モモタノハナ
井ノ本リカ子

作者買いでしたが……これは大当たり! たっぷり身悶えてください! オススメの1冊!

鬼ごっこ 3
黒柾志西

ストーリーはちょっとだけシリアスですが、エロ成分はむしろ増量気味

Fate/stay night 6
西脇だっと(漫画)・TYPE-MOON(原作)

桜たんの登場が少なすぎ……(T_T)