現在抱えてる主な作業は2件ありまして、同時に進めています。
 進行が少しずれてるので、特に混乱はありません。
 実際にテキストを書く一方で、プロット案を練っている、という感じです。
 どちらもテキスト書く、あるいはプロット考える、となると一気に辛くなりますけどね。

 私もそこそこ経験を重ねてきたので(でもまだ新人)、どうにか自分の執筆スタイルがわかってきました。
 できる限り頭の中でイメージを膨らませ、熟成させてから実際の原稿を書き始めると、非常に作業がスムーズに進むようなのです。
 6月頃刊行予定の次回作はまさにそんな感じでした。
 書き始めるまでは時間かかりましたが(端からは遊んでるように見えてたかも)、テキストそのものは10日弱で終わりましたからね。

 ……誰ですか、それでも遅いとか言ってる人は!?
 遅筆の私からすれば、これは奇跡的なスピードなんですよ!?


 ま、そういったわけで、しばらくはこの方式(イメージをしっかり固めてから執筆)でやってみようと思います。

 イメージを固めるイコールプロットどおりに書く、ではないので、あしからず。

魔法先生ネギま! 22
赤松健

バトルもいいけど、コメディ路線にも早く戻って欲しかったりする私です。

バイキングス 6
風童じゅん

ロードレーサーが好きな人が書いてるってことがよく伝わってきます。

ヒャッコ 3
カトウハルアキ

今回ももちろん面白いのですが……虎子の兄だけはちょっと勘弁……。

超人ロック エピタフ 1
聖悠紀

ファンならより楽しめる、過去の話です。懐かしいキャラが出てきて、嬉しくなりました。

MONSTER(完全版) 1
浦沢直樹

昔、1巻だけ読んでそのままだったので。