素晴らしき日本野球
長谷川滋利


米国にはない日本野球特有の強みとは?
より良くなるための課題とは?
メジャーリーガーとしてしっかりと「成功」をおさめたハセガワが言うからこそ説得力がある、祖国球界への提言。


 以前にもこの人の著書読んだんですけど、非常に理知的で納得させられるんですよね。理路整然としているし、それでいて堅いわけでもない。インテリにありがちな人を見下すところも感じられません。
 もちろんその主張の全部が全部頷けるものでもないですが(完全に反対するものもない)、大部分は「なるほど」と思わされます。

 私個人としては、プロとアマの壁問題が一番考えさせられましたね。
 なんで最高峰であるプロがアマを指導できないのか、理解に苦しみますもん。色々言いたいこともあるでしょうが、技術的には明らかに劣るアマ側がいつまでもガキのように駄々こねて昔の怨念を引きずっても、現役の選手にはなんの得もありません。そろそろ仲直りしなさいって。
 お得意の「精神修練」で培った忍耐強さをそういうところで見せてもらいたいものです。

 野球を愛する方にはきっと楽しめる一冊です。