妹は絶対君主なお嬢様!?

森野一角(著)
白猫参謀(イラスト)

公式サイトはこちら

玉座から冷ややかに見おろす絶対君主。
世界的な新興財閥のお嬢様が、まさか妹のしずかだなんて!
夢のような令嬢&メイド軍団とのお屋敷生活。
君主モードの冷たいしずかも、恋人モードのラブラブしずかも可愛すぎ?
うれし恥ずかし禁断初夜に、お嬢様からのメイド奉仕、妹は最高のご主人様!


 今までの森野一角作品の延長線上にはある作品ですが、これまで以上に洗練された印象を受けました。
 作品内リアリティ(現実世界とは違いますよ、念のため)が既存の作品よりもずっと説得力があって、なおかつ中心となるキャラがしっかり設定してあるため、読者はストーリーに集中できるようになってます。

 もちろん森野作品ですから多くの魅力的なキャラが出てくるのですが、それらがメインキャラを邪魔することはありません。きちんと主人公やヒロインを守り立てる役目に徹しています(一部例外アリ)。

 特にメインヒロインのしずかは、ツンツンしてるのが本来の姿で、デレデレなのが特殊という、通常とは逆の設定が新鮮でした。私なんぞが書くと、外では無理してツンツン、というキャラになっちゃうんですけどね。
 あと、作品内でしずかが話すあるアイディアは、ずっと私もやろうと温めていたネタだったので、「やられた!」と頭を抱えました。ちっ。

 しずかの胸が小さいのが個人的にはツボでした。イラストが可愛かったせいもありますね。

 森野作品の中では一番好きかもしれません。「妹パンチ」だけ未読ですけども。