普段は買い物くらいにしか外出しない(それでも月に300キロ以上自転車に乗ってますけど)青橋ですが、それでも人と会ったりすることも年々増えています。
 私は人見知りする内向的な人間なのですが(誰だ、笑ったヤツ)、できる限りそういった機会があれば出かけるようにしています。
 人と会うこと、話すことがどれだけ作家として刺激になるかを実感できているからです。昔は「めんどくせー。家で本でも読んでたほうがいいや」なんて感じだったんですが(根本的には今も変わってません)。
 まあ、単純に楽しいから、というのがあちこちに出かける最大の理由ですけどね。

 今年は比較的近い業界の作り手さんと多くお話させていただきましたが、やっぱり凄く刺激になりますし、楽しいんですよ。

 最近ですと、個人的にずっとファンだった稍日向さんとお会いすることができました。著作持っていくのを忘れてサインもらえなかったのが心残りですけど。なぜか私のほうがサインしてるという体たらく。ダメじゃん。

かまってくれなくてもいいんだからねっ(成年コミック)
稍日向

まだ稍作品を知らない方にはこれからどうぞ。ツンデレスキーには殿堂級の素晴らしさです。オススメ!

 この日は某Yさんも同席したのですが、焼き肉・ラーメンコンボに引き続きカレーまで付き合わせていただきました(稍さんはラーメンまで)。ありがとうございます。こんなに腹が苦しいほど食ったのは数年ぶりです。帰宅後、腹ごなしに夜の町を自転車で20キロ走ったのは本当です。

ブレインマサラ
ブレインマサラというカレー。羊の脳みそ、みたいです。美味しかったですよ。白子みたいな食感で。