狼と香辛料 4
支倉凍砂

ホロの故郷・ヨイツを目指し、二人の旅は続く……。

狼神ホロの故郷・ヨイツを探すため、北を目指す行商人のロレンス。
異教徒の町・クメルスンで得た情報をもとに、二人は田舎の村・テレオにやってくる。
テレオの教会にいる司祭は、異教の神々の話を専門に集める修道士の居場所を知っているという。

しかし、教会を訪れたロレンスとホロを出迎えたのは、無愛想な少女・エルサだけだった。
さらにテレオでロレンスたちは、村存続の危機に巻き込まれてしまう。

はたして二人はヨイツへの手がかりをつかみ、無事に村を出立できるのか……。


 もうすっかり有名になった大好評シリーズ最新作です。
 あちこちで絶賛されているように、とにかく文章・構成・キャラ・ストーリー、全てがハイレベル。特に今回は今までよりもさらに洗練されています。
 初期の頃は若干(本当に若干です)読みにくい面もあったし、前半がかったるい(と言えなくもないかな程度)巻もありましたが、今回は最初から最後まで一気に読ませます。

 まだ未読の方は是非1巻からお読みくださいませ。
 私はこの作品が一般の文学賞を取っても驚きません。