監督:小原正和

Story
サンライズが放つ“萌え系”美少女アニメ『舞−HiME』の第2シリーズ第1巻。アリカ、ニナ、マシロの3人が力を合わせてモンスター・スレイブに立ち向かう。第1話「ユメノ☆アリカ」と第2話「乙女の園を駆ける疾風!?」...(詳細こちら


舞-乙HiME」、全26話、見終わりました。
前作……と言っていいのか微妙ですが、一応「舞-HiME」が好きだったので録画してました。本日、ようやく最終話まで到達。

以下、ネタバレありますのでご注意を。
さすがに前作ほどの大団円にはなりませんでしたが、でも、伝え聞いてたほどの鬱展開じゃなくて一安心。

ニナとセルゲイというカップリング?はちょっと予想外でしたが、個人的にはこれでよかったと思います。あのまま、二人で静かに幸せになってくれればいいなぁ、と。

カップリングといえば……今回は前作同様、気になる連中がおりますねえ。私のエロ作家としてのアンテナにもビリビリ来てますよ!(笑)

まずはやっぱり……シズルお姉様でしょう! 前作では果たせなかったナツキとのラヴラヴだけでなく、後半ではトモエとの赤ちゃんプレイ!? うがああッ、エロい、エロいよお姉様っ!!

アカネとカズヤのカップルは今回も災難続きでしたねえ。あの後、ちゃんとできたのかが気掛かり(笑)。

巧海と晶の絡みが少なかった(出番自体ほとんどなかったなぁ)のも残念。まあ、本筋にはほとんど関係なかったですしね。

ユキノとハルカは……どうなんですかね。イクところまでイッちゃってるのでしょーか。そうであって欲しいエロ作家の青橋です。

OVAで舞-乙HiMEの続編?やるようなので、そっちも楽しみです。