二つの初体験 熟義母と若叔母
神瀬知巳

公式サイト

「ほら、叔母さんのここ……濡れているでしょう?」
少年の手をとり、自らの秘所へ導く若叔母・玲子。
「無理に動かないでいいの。ママをもっと感じて」
義母・佳枝は息子を抱き締め、腰をそっとくねらす。
じんわり締めつける女陰は、叔母と違って優しい……
26歳と36歳、二つの女体が教えてくれた蒼い体験!


 サブタイトルの「熟義母と若叔母」という部分だけ見るといかにも黒本(フランス書院文庫の通称。私は本家と言ってます)らしい熟女もの、と思うでしょうが、どちらかというとむしろ美少女文庫のほうにベクトルが近い感じがしました。本家と美少女文庫のいいところを合わせたような印象です。

 若叔母のお姉さんぶりも身悶えしそうな萌えっぷりですし、義母も年齢を感じさせない愛らしさで主人公の少年を誘惑します。
 私なんぞの作品を引き合いに出すのは失礼ですが、「あねらぶ〜彼女は三姉妹!」の雰囲気が好きで、「とにかくヒロインは若くなくちゃ嫌だい!」という方でなければ、楽しめると思います。少なくとも私は読みながら萌えました(笑)。特に「あねらぶ」の次女・芹姉ぇこと芹華が好きな人は、若叔母・玲子さんも気に入るはず。

 エロ描写はさすが本家・黒本、濃厚でいて、それでいて下品じゃありません。歳上に誘惑されたい、なんて属性のある方には特にオススメ。