母娘温泉(仮)母娘温泉【子づくりの宿】[AA]
青橋由高(著)
フランス書院文庫
ISBN:9784829642795
公式サイトはこちら
「いいのよ、私の膣中にたっぷりそそいで」
艶めかしい汗にまみれた瑞々しい美乳を弾ませながら肉棒を秘唇で咥えこみ淫らにくゆらす人妻の腰使い。
家族の目を盗み、温泉で興じる子づくりセックス。
未亡人女将の弥生(34)、娘姉妹の麻沙美(25)と桃華(19)が、日替わりで白濁をおねだりする、魅惑の温泉宿!

その1から続く)

 担当さんとの打ち合わせの段階である程度設定とかの大枠は決まったので、プロットはこの範囲内で作ることになりました。
 ヒロイン3人、熟女多めというキャラに関することや、温泉と子作りというキーワードの中で私の趣味を発揮させるとこうなるわけですね。

 今、最初のプロットを見返してるんですが、基本的なラインは一緒でした。未亡人女将、その義理の娘2人というトリプルヒロイン、山奥の温泉宿、子宝温泉、ツンデレ幼なじみ仲居等々、完成プロットとあまり変わってません。
 ただ、細かい設定はだいぶばっさりカットしちゃいましたね。最終稿の分量を考えると、大正解でした。黒でもページ超過に苦しめられる私なのです。

 母娘丼スキーの私が悩んだのは、今回の母と娘は義理の関係という点でした。
「ダメ、娘たちの前でこんな……アアッ」
 とか、
「お母さん、見ないで……恥ずかしい!」
 みたいなノリが大好物の私なので、書き始めてからも己のモチベーションを維持できるかちょっとだけ不安でした。
 が。考えてみたら私にこの性癖を植え付けてくださった心の師匠、千草忠夫先生も普通に義理の母娘でエロエロな作品書いてたし、若かりし頃の私もハアハアしてました。まったく問題なかったです。読んでいただければみなさまにも伝わると信じております。

 関係ないですが、千草先生の本、全部揃え直したいので、どっか電子化してくれないでしょーか。難しいのかな……。
「堪忍してッ!」「お義母様、許して……!」みたいなのがたまらんのですよ!
 今のご時世だと色々問題になりそうな作品もありますが。

 閑話休題。

 今作では、意識的に尖った展開や設定は使いませんでした。様々な縛りがあったってのもありますし、ここんところ黒本ではずっと短編集続きだったから、ストレートな官能小説にしてもいいかなって思いが頭のどこかにあったような気がします。
 それに、どうせ私のことだから、勝手に妙なテイストも出ちゃうだろうって意識もありましたしね。丁寧に、じっくりと書いてみました。もちろん、これまで一度たりとも手抜きなんてしたことありませんけども。手抜きして書けるような才能はございません。残念ながら。残念ながら(悔しいから二度言いました)。

 書いてて苦労したのは、ヒロインたちの性格です。執筆と平行してちょこちょこ修正して、最終的にこのようなキャラたちになりました。特に未亡人女将! 気づいたら、当初の設定にはなかったあのような性癖を付与しておりました(笑)。

その3に続く)