通常サイズ僕とエルフメイド姉妹の三人暮らし[AA]
青橋由高(著)・やんよ(イラスト)
美少女文庫(公式サイトはこちら

メロンブックスの特典情報はこちら
とらのあなの特典情報はこちら
オータムリーフの特典情報はこちら
――私たちは永遠に貴方のメイドです。
全財産と引き替えに奴隷から解放してあげた双子のエルフ、フィカとリーザ。
二人は僕のメイドになってくれました。
僕を押し倒し、処女を捧げる初体験!
手を繋ぐ姉妹を交互に貫く毎晩奉仕!
百合キス見せやおねショタプレイも!
エルフメイドとずっと続く三人暮らし。

その2から続く)

 自己解説の(多分)ラストは、作品に関する裏話をいくつか、思い出せる範囲でだらだら書きます。

 私の書く作品は、一部の例外(主に同人のNTR系)を除いてほぼすべて、同じ世界に存在している、という裏設定があります。完全に作者の自己満足設定です。異世界ものでも例外ではありません(その橋渡しとなってるのが「異世界でハーレム始めました」という作品)。

 今作の場合は、本編中でちょこっとだけ登場する「質のいい紙と筆記具」がリンクアイテムです。
 まあ、作中では結局、ティトくんは入手できないんですけどね(夏コミで出したコピー本では無事手に入れてます)。

 本編ではカンバス(キャンバスと表記するか悩みました)やら筆記具やらが出てきますけど、これらについてもちょっと調べました。イメージしたのは、ダ・ヴィンチが活躍した時代です。作品には特に反映されてませんけど(笑)。


 現代日本以外を舞台にした作品を書くときに毎回悩むのが、言葉遣いと単語のセレクトです。
 過去には、極力セリフから横文字を排除した作品もあるんですが、今回はあれこれ考えた末、「ま、いいや」と、あまりこだわらなくなりました。いや、実際は自分なりに葛藤したんですけどね。
 そんなわけで今作では肩肘張らずに喋らせてます。
 ただ、リーザの毒舌のためにがんがん辞書使ってますけれど。おかげで、今まで知らなかった言葉もいくつか覚えました(笑)。ありがとう、ATOKの辞書。辞書はいくつあってもいいもんですね。載ってない言葉もなんだかんだと多いので、別途調べることも多いですが。


 ちなみに、私がお気に入りのイラストは6枚目の、双子姉妹のキスシーン。エロくて可愛くて素敵!


 最後に、やんよさんがTwitterにアップしてくれた素晴らしいイラストを引用。可愛いよ!