戦国犬姫!~信長の妹と新婚ライフ~ (美少女文庫)
井の中の井守(著)・おりょう(イラスト)
フランス書院美少女文庫(公式ページはこちら
2016-12-21

転生先は戦国時代!?
信長の妹・お犬(愛称わんこ)を嫁にして、戦乱の世を生き残れ!
健気で可愛くGカップの大和撫子嫁とめざす戦国新婚ライフ。
想いを重ねる初体験!
海岸でイチャイチャ逢瀬!
首輪と耳をつけてワンワン子づくり!
ときには水軍を率いて海上戦も!?
〈恋と戦の犬姫戦記〉

 最近の私はなーんも事前知識なしで読み始める(カバーのあらすじなんかにも目を通さない)ことが多いのですが、タイトルと表紙から「ほお、戦国ものか、珍しいやん」と勝手に予想しながらページを開くと……おう、主人公、転生してるやん! でもこいつ、チートしてないやん! 普通にこの時代にフィットしてるやん!
 自分だったら絶対にチートさせるよなぁ、などと思いつつ読み進めますが、この主人公、エロのときだけ現代知識使ってる(笑)。なるほど、ジャンル的に正しい(笑)。
 でも、現代の官能小説的表現するならこれ、いい方法だなぁ……と、同業者的視点で感心。

 こういう時代ものだと蘊蓄とかでイラッとするときがたまにあるのですけど、この作品ではなし。少なくとも私は気分よく、ストレス感じることなく楽しく読めました。
 ここらへんはきっちり考えて推敲したんだろうなぁ、と勝手に感心(またか)。
 自分の好きなものだと、どうしても本筋と関係薄いところにも無駄に力入って書いちゃいますからね。私も気をつけないと。

 重みのあるストーリー(鬱展開とかないから大丈夫だよ! 海の漢たちがいい味出してるよ!)と、それに負けないくらい甘くて濃厚なエロシーンのバランスも秀逸。
 正直、こんなにきっちり官能描写されると、私、自信なくなるんですが。
 正統派というか、エロ小説の王道だと感じました。
 いや、ホントに上手いですわ。

 丁寧な構成と文章に加え、カラー・モノクロともに素晴らしく愛らしい&エロエロしいイラストもあって、評判いいのも頷ける一冊です。

 ちなみにこの主人公、結構なむっつりくんです。いいぞもっとやれ。