表紙画像203×307アイシャ 奪われたエルフ王妃(18禁)
青橋由高(著)・安藤智也(イラスト)
青橋商店

メロンブックスでの委託はこちら
オータムリーフでの委託はこちら
とらのあなでの委託はこちら
DMMでの委託はこちら
エルフの宝石と謳われ称される美しき王妃アイシャ。
二人の娘がいるとは信じられないほど若々しく清楚な人妻に魔の手が迫る。
「王のためにさらに美しさに磨きをかけませんか?」
夫であるレオン王不在の隙を狙って人間族の魔術師が甘い言葉で王妃を誑かす。
幼い頃に一目見たエルフ王妃に心奪われた男の半生を賭けた罠に、ドレスに包まれた女体が震え、悶え、穢される。
「やめなさい、無礼者っ……ああ、やめて、耳は、耳はイヤ……!」
気丈に抵抗するアイシャだったが、魔術により全身を敏感にされ、子宮を嬲られ、夫からは与えられなかった牝の悦びに堕とされていく。
「ダメ、こんなのダメ……あの人と違いすぎる……っ」
一ヶ月に及ぶ人妻調教の末に王妃が選んだのは愛する夫か、それとも……。

 青橋商店21冊目の同人誌。2014年の夏コミにて頒布予定。

 カラーカバー付き、本文イラスト3枚はいつものスタンダードなフォーマットですが、本文は総集編を除けば過去最大の176ページ。その分、価格もいつもより高くなってしまいます、ごめんなさい。現在、見積もりしてもらってるところなので、その額と相談して決定します。

 今作は、忘れた頃にやって来るNTRシリーズ第3弾に該当します。前々作が幼なじみ、前作が義妹で、今作はエルフの王妃様となりました。
 候補としてはお姉ちゃんとか先輩ってのもあるにはあったんですが、なんとなく。私が言い出したのかイラストの安藤さんがリクエストしたのか、もはや記憶が曖昧。私だったかなぁ。

 当初はエルフのお姫様で、ツンデレとかいいなーなんて考えてたはずなのに、いつの間にか王妃様に。人妻ですよ、しかも娘が2人いるって設定ですよ!
 もしこれの評判よかったら、今度は娘編も書きたいなどと、早くも皮算用を始めております。
 ただ、いったい何ページになるのやら……。
 娘を1人でなく2人にしたのは、それなら姉妹丼もできるな、という目論見があったため。

 過去作とタイトルのパターンが違うのは、寝取られってよりも寝取りって感じの内容になったからです。
 ここらへんはあまり意識しないままに書いてますけど。本能の赴くまま、趣味のままに書きました。

 正直、すっげーねちっこく、しつこく、執拗に描写しました。楽しかったです。読者が楽しいかはまた微妙ですが。NTRスキーの皆様の感想が楽しみでもあり、怖くもあります。
 ま、同人だから、私が楽しければいいんですがね(と、開き直る)!