憧れの美叔母
青橋由高
綜合図書
2016-08-23


 特選小説での12作目。

 確かテーマの指定はなかったので(もううろ覚え)、以前からずっとやりたいと思ってた叔母ものに挑戦してみました。
 プロットを担当さんに送って実際に書き始めたところ、ちょっとした問題が発覚。出版社の自主規制コードに引っかかる案件が。
 ただ、ストーリーの大筋には影響ないので、ラストだけちょろっといじって解決。
 実は私自身、2つのパターンを考えてて、プロットの時点ではどっちにしようか決めてなかったんです。だから迷わないで済みましたね。

 今回のテーマ、叔母と甥(別に叔父と姪でも可)は長編で書きたいと思ってるので(そのためのオチも考えてあります)、アンケートの結果がよかったら黒本でいかがですかね、フランス書院様。


 そうそう、短編とは無関係ですけど、この号の巻頭カラー特集「作家がオススメするAV女優」という企画に私も参加しております。
 もっと大人数が参加すると思ってたら私含めて3人だけで、しかもカラー! ちょっとびびりました。

 本当は別の女優さん数名を最初に選んだところ、全員引退してるという衝撃の事実。おおう。知らなかった。
 そもそもあまりAV見ない、見ても資料的な意味でざーっと早送りすることが多いので、そんなに知らないんですよね。一応、有名どころはチェックしてるんですが。あとコスプレものを(笑)。
 最後は現役女優さん2人を選び、雑誌の読者層を考慮してあの方をオススメさせていただきました。