息子の嫁
青橋由高
綜合図書
2016-02-04


 特選小説での9作目。

 編集さんからは「いわゆる普通の官能小説ですね」と言われた(悪いニュアンスじゃないですよ、念のため)、青橋にしては珍しい比較的スタンダードっぽい作品。多分。自分だとよくわかんないのですが。

 めっちゃストレートなタイトルですが、これだとどっちが攻めで受けかはわかりませんね。
 表面的にはおっさん攻めです。でも実際は嫁の誘い受けかな(笑)。
 いや、BLじゃねーですけども。

 正直なところ、これでいいのか、だいぶ悩んだんですよねえ。あまり書かないタイプのストーリーだから。
 暗くならないよう、あくまでも明るく、鬱々した話にならないようには気をつけました。
 ちゃんとこの後もみんな幸せになってますのでご安心を。どっちともとれるオチにはしてありますが、ハッピーエンド原理主義者(ただしNTRは除く)の私が書いてますんで。

 アンケート結果がどうなるか、楽しみなような怖いような……。

 以下、裏話。
 これ、本当は全然別のプロットがあったんです。かなり早い段階で作ってて、私も「うん、これならいける」と手応えを感じてました。編集さんにプロット送った時点でもう作業始めてたくらいに。
 が、ボツ。
 理由は簡単で、この号のテーマ(「人妻と秘密」)に合ってなかったから。
 なにしろヒロイン人妻じゃなかったので、うん、そりゃ当然だよね。1秒でボツの理由を納得した私です。
 そんなわけでこのボツプロットは次回に使います。多分。

(2016年4月10日追記)
 この短編、実は3回もAV化されました。
 さらに、フランス書院文庫の「七人のおいしい人妻」にも加筆修正された上で収録されたりと、作者もびっくりの勢いで再利用されてます(笑)。
 よろしければこちらも是非。

通常サイズ七人のおいしい人妻
青橋由高(著)
フランス書院文庫

詳細はこちら

息子の嫁 美人妻、淫靡な秘密
本田莉子

息子の嫁 義父の子種を強請る新妻
白石みなみ

息子の嫁〜美人妻の甘い誘惑〜
彩乃なな