トリプル生徒会長トリプル生徒会長と恋の守護霊
青橋由高(著)・有末つかさ(イラスト)
美少女文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)

後日談ショートショートはこちら
「その恋、わらわが叶えてやるぞ」
春、瑠依、成海──合併校の生徒会長たちが出会ったのは3人のご先祖様!
幼なじみの徹クンをゲットするための作戦とは!?
ボーイッシュな春が失禁告白
セクシーな瑠依がアマ脅迫
クールな成海姉もエロ2デレ
守護霊が応援する、三つ巴の大ハーレム!

その3から続く)

 今回は企画スタートの時点でかなり枠組みというか縛りが決まってまして、そういう意味では楽でした。
 下手に「なにやってもいいよ」と完全フリーだと、そっちのほうが大変だったりします。
 まあ、私はタイトル案とか表紙レイアウトとか同時発売の別作品との兼ね合いとか考えちゃうんで、もうスタートの段階から勝手に縛りを作っちゃってるんですけどね。

 この「トリプル生徒会長と恋の守護霊」の場合、以下のことが最初から確定してました。

・イラストは有末つかささん
・ヒロインは1人か3人
・鬼江村シリーズ
・学園を舞台にする
・お漏らしシーンを入れる

 一番最後のは、ぢたま某さんから帯の推薦文をぶんどるためです。
 マイスターが「生半可なお漏らしではコメントはやれんな」と言ってましたし、取って付けたようなシーンにするのはイヤだったので、あそこは気合い入れて書きました。元々あーゆーシチュ、大好きですしね!

 ただ、実際にコメントをもらえるかはわからなかったんですよ。面白くなかったら無理してコメントくれなくてもいいですよ、と言ってあったし。
 今回は私が原稿遅れまくったし、一度脱稿したあとでページ数足りないという問題が発覚(こんなトラブル、初めてでした)するなどして、ぢたまさんには完成稿ではなく、その一つか二つ前のバージョンを読んでもらう失礼をしてしまいました。しかもテキストファイルそのまま送りつけるという……! すみませんでしたっ。

 もう帯の入稿間近だったので「読むのは(お漏らしシーンのある)一章だけでいいですよ、そこだけで判断してもらってかまいません」と伝えたのですが、帯にあるように本当に最後まで読んでもらいました。ありがとうございます! なんか〆切真っ最中だったみたいで、余計に申し訳ないっす。

 んで、結局コメントは数種類もらったんですが、ウチの編集長は一番無難なものをチョイスしました(笑)。
 せっかくですので、いただいた他のコメントも公開しますね。ぢたまさんから許可もらいました……なんか渋々だったけど(^^;

『ただ出せばいいってモンじゃない…それをわかってもらえて何より』
『そう、お漏らしは羞恥の上に成り立つんだよね』
『そこに至る前段階の描写…良いね』


 本当はこんな感じの、アレに特化したコメントのはずだったのに、結局使われたのは、

『コメントほしいからとりあえず最初のほうだけ読んで、と言われて最後まで読んじゃったw』

 こっちでした。

 ちなみにこれが美少女文庫8年の歴史で初めて、帯に推薦コメントがついたケースとなります。

 その記念すべき帯ですが……ヒロインの名前が間違ってるというご指摘いただきました。すんませんっ。
 「成美」となってますが、正しくは「成海」ですね。ごめんなさい……って、なんだか謝ってばかりのような。