トリプル生徒会長トリプル生徒会長と恋の守護霊
青橋由高(著)・有末つかさ(イラスト)
美少女文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)

後日談ショートショートはこちら
「その恋、わらわが叶えてやるぞ」
春、瑠依、成海──合併校の生徒会長たちが出会ったのは3人のご先祖様!
幼なじみの徹クンをゲットするための作戦とは!?
ボーイッシュな春が失禁告白
セクシーな瑠依がアマ脅迫
クールな成海姉もエロ2デレ
守護霊が応援する、三つ巴の大ハーレム!

その1から続く)

 今作はとにかく変更がやたらと多く、初稿とはあちこちが違ってます。
 思い出せるだけでも書いてみます。

・タイトルが「トライアングル生徒会長」から「トリプル生徒会長」になった
 これは単純な理由です。
 だって、「トライアングル」だと三角関係ものっぽいイメージになっちゃいますからね。

・お姉ちゃん属性が強化された
 二つ前の作品「お姉ちゃんのムコになれ!」が姉属性作品だったからあまりそこらへんはプッシュしなくていいや、むしろ先輩属性強くしようと考えてたはずなのに、困るとお姉ちゃんに頼るスキルが無意識に発動してしまったらしく、こうなりました。
 特に成海のアレとかアレは当初予定になかったエピソードです。個人的にはかなり気に入ってますね。
 あ、舌が長くて云々というのは当初から組み込んでおりました。

・ご先祖様の名前が変わった
 「ハナ・ナギ・ルリ」は当初「花・凪・瑠璃」と漢字表記でした。
 でも、書いてる私自身が混乱してきたし(特に瑠依と瑠璃!)、読者も大変だろうとカタカナ表記に変更。
 キャラそのものは特に変わってませんね。

・成海の性格
 第一稿では成海は極度の恐がりという設定で、中盤〜後半まではナギの存在をとことん無視してました。

・瑠依の性格
 基本線はそのままですが、より節操のない少女になりましたね。ごめん。

・各種設定のあれこれ
 ネタバレになるから書きませんけど、終盤に出てくるあれやこれやは脱稿寸前までかなりいじくりまわしました。
 最終校正で初めて明らかになった新事実とかもあったし(笑)。
 いくつかの設定などは敢えて説明してないものもありますが、いちいち書かなくても読者の方々はわかるだろうと思ったからです。

・ページ数
 中盤書いてる時点ですでに「このままじゃ絶対に出版できる数に収まらねえ」と確信してしまったので、初稿できる前からちまちま削ってました。
 もし、なーんも対策しないで書き上げてたら400ページくらいになってたかと思います。第一章なんか、3回くらい書き直してますしねー。それでも10ページ程度しか減らせなかったけど。
 当初は、各章のあいだにご先祖様たちのエピソードを挟むつもりだったんです。当然、絶対に無理だとすぐにわかったので断念しましたが……っ。
 なんとか336に納めたかったものの、もう物理的・時間的・能力的・精神的に不可能となり、自己最多の352となっちゃいました。すみません。もうやりません(多分)。


自己解説その3に続く)