スケジュール通りにいけば苦労はないのです(涙)

まだ一月の二日だというのに、すっかり修羅場モード一歩手前です。
本来なら昨年中に終わっていたはずの原稿がまだかなり残っているんです……(T_T)
書く度に新しいネタが浮かんで、それを全て盛り込もうとしてるのが遅延の主な原因ですね。どーしてこう毎回毎回、加筆修正の嵐なんでしょうか。

しかも別の仕事があと2つ残っているという、精神衛生上非常によろしくない状況です。スケジュールが全部微妙に重なっているのも不運……。あと3ヶ月は大変そうです。仕事があるのは素直にありがたいことなんですが。

とか言いつつ、「To Heart2」をちょっとだけプレイしてみたり。
いや、ホントに最初だけですけどね。嘘でなくて。

今年もよろしくお願いします

はい、元旦でもいつも通りに原稿書いてる青橋です。皆様、あけましておめでとうございます。

新年早々、角に足をぶつけて爪割っちゃいましたよ……(泣)。しかもかなりの広範囲(痛っ)。

今年も一年、仕事が途切れないよう頑張りたいと思います。
最近、常に〆切に追われてないと逆に不安なんです……。結構ヤヴァい?

では、今年も青橋由高をどうぞよろしくお願いいたします。

2004年の終わり

気づけば今年ももう終わりですか。〆切目前のせいか、見事なまでに年の瀬という実感はありません。

今年は物書きとして勝負の年だったのですが、個人的にはあまり満足できる作品を書けなかったのが悔やまれます。
限りなく少数派であろう青橋ファンを裏切らないよう、今後も頑張ります。

今年発売・発表された作品一覧は以下の通り。

(小説)
「恋妹〜彼女はふたご!」
「メイドなります!〜すくみず」
「Kiss〜魔法少女は修業中」
「純情〜彼女は剣道部!」(以上フランス書院美少女文庫
「悪魔な彼女、天使な妹」(フランス書院美少女文庫WEB小説

(同人ゲーム)
「DISCODE surface」
「have relations with… −真帆と片帆−」
「have relations with…2 −しのぶ−」(以上、ソフトさ〜くるクレージュ
「Hate/sty night」(田辺組

コミケ

本日、生まれて初めてコミケに行ってまいりました。しかもソロで。
到着したのが午後2時過ぎと遅かったせいもあり、恐れていたほどの混雑でなかったのはいいんですが、
「やべ……ここ、どこ?」
と、いきなり迷う。地図も見ずに適当に歩く私のクセはこういうときに困ります。

今回の目的はお世話になっている方々への挨拶回りだったので買い物はパスして取り敢えず西館へ。

誰かしら顔見知りがいるであろうソフトさ〜くるクレージュを最初に目指すが、これも行き先を間違う。奇跡的な偶然でサークル代表のパんてる山田さんに出会い、案内してもらう。もしも出会ってなければ正反対に向かうところでした……。

利用できるものはこの際何でも利用しちゃえと、挨拶回りの先導役に山田さんを強引に駆り出し、一緒に東館へ。

まずは毎度イラストを描いてもらっている安藤智也さんのサークルへ。が、不在。
次は某原画さんのサークルへ行くが、ここでも空振り。
最後にLINDAさんのところへ行く。なんとかお会いすることに成功。新刊まで頂いてしまう。ありがとうございましたー(^_^)

もう一度行くと今度は安藤さんと会えて一安心。これが初対面だったので色々とお話。長々とお邪魔して申し訳ありませんでしたm(__)m

帰るときにもいくつかトラブる(電車乗り間違うとか)も、なんとか無事に帰還。

次に行くことがあれば、もう少し早く行かないと駄目だってことだけはわかりました。

みなさん、どうもお世話になりました。迷惑かけて、ごめんなさい。

プロット

今、小説の作業をしているんですが、これがなかなか難航しています。
私はプロット(大まかなあらすじ程度)を守らないタイプでして、書きながら思いついたアイディアを追加していきます。もちろん大筋はいじりませんが、細かい伏線などはかなり変わります。
書きながらキャラを熟成させるので、最初のほうのシーンを書き直すことも多いです。

で、ちょうど今がその時期になってます。
私はみなさまご承知のようにストーリーよりもキャラ重視の人間です(結果的に、ですが)。なもんですから、キャラが勝手に動きだした時点で色々と修正作業が必要となります。

……なにが言いたいかと言いますと、だから〆切が厳しいんですよぉ、という泣き言なだけです、はい。

この次の作品のプロットもまだなのにぃ……。

あ、親指シフト、なんとか仕事できる程度には慣れました。まだミスタッチが多いのが難。
ちょっと自己流のキー配置とか指使いにしたら楽になりましたね。
邪道なんでしょうけども。
そこらへんはまたの機会に。

『龍臥亭幻想』 島田荘司

オンライン書店ビーケーワン:龍臥亭幻想 上
龍臥亭幻想 上

オンライン書店ビーケーワン:龍臥亭幻想 下
龍臥亭幻想 下


吉敷刑事と御手洗潔のコラボときたらあーた、島田荘司ファンには夢のような作品ですよ!
例によって幻想的な謎と合理的な解決という島田ワールドは健在。途中でトリックに気づいたんで、ちょっとだけ嬉しい(笑)。

でも、私が一番気になったのは里美と石岡先生の関係(ヲイ)。
なんか里美に思わせぶりな描写もあるしぃ……。まさか○○してるとかって展開は勘弁してくださいよ、マジで。

吉敷警部一家が幸せそうなので、それはよかったです。
石岡センセ、そろそろ幸せになってもいいよねー?

『遙かなるクリスマス』 さだまさし

8分を超すがゆえに今年の紅白では特別Ver.で歌われるという「遙かなるクリスマス」(アルバム「恋文」に収録)。NHKもケチだなぁ。
正直、以前のさだまさしのほうが名曲率が高かったのは否めないが、最近は黄金期に戻りつつある気がする。なにより、こんな名曲を生み出せるのだから。
一生ついてきます。


それでもやっぱり、世界中が平和であることをいのりつつ。
メリークリスマス。

秩序を乱すな?1

めでたく岩隈問題が収束するかと思いきや、どこぞのアマ監督が「秩序を乱してけしからん」ですか。
そんなに嫌いな人じゃないんだけど、これにはちょっと、ね……。

かつて自分がしたことを忘れてる人間にとやかく言われたくないと、私は思いますけどね。

そもそも、オーナー側に秩序なんて最初から存在してないしー。

つつみあかり作品5

とにかくもう、その甘々でラヴラヴなお話に悶え苦しんでください。
ダークな作品もなかにはありますが、現在入手できる単行本なら心配ご無用。思う存分に転がってくださいませ。
詳しくはここ

私のオススメは「姉の淫膣」。姉属性のある方は特攻されることを推奨。

他にはこんなものが。こっちもいいですよー。

オンライン書店ビーケーワン:抱いて囁いて
抱いて囁いて

オンライン書店ビーケーワン:Girl’s roles
Girl's roles

許可もらっちゃいました5

本などを紹介しようとしてもアマゾンで扱ってないと画像を使えなかったのですが、このたびまんが王倶楽部さんからリンクの許可をいただけました。
これでつつみあかりさんの本について書けるー(^^)

まんが王倶楽部さん、ありがとうございましたーm(__)m

なお、この文も親指シフトにて書いてます。
多少は慣れてきた……かな?

『少年名探偵 虹北恭助のハイスクール☆アドベンチャー』 はやみねかおる

オンライン書店ビーケーワン:少年名探偵虹北恭助のハイスクール☆アドベンチャー
少年名探偵虹北恭助のハイスクール☆アドベンチャー

元々はマンガ版のために用意された原作の小説版。
明るくライトな作品ながら、中味はしっかりミステリー。バカみたいにステレオタイプの探偵を乱発(まさにあれは乱発だった)したどこぞのエセミステリ作家とはえらい違いですな。
そんな作品に賞をあげるほうも最悪だけど。

時系列的にはこれが最後の話らしいのが残念。

練習を兼ねて

えー、現在、練習を兼ねて親指シフトで入力中。
これで小説書けるようになるのはいつになることやら……。

ATOKもデフォルトで対応してくれればいいのになー。

『おおきく振りかぶって』 ひぐちアサ 『ワンナウツ』 甲斐谷忍5



これ、友人から借りて読んだのですが、そのあまりの面白さにすぐに自分でも買いました。まあ、最初にその友人に勧めたのは自分なんですが(^^;

高校野球の話なんですが、いわゆる熱血青春系とはちょっと違います。野球なんて知らなくても絶対に面白い、最近では希有なマンガです。野球を知ってる人はさらに楽しめますが、私に言えるのはこれだけです。
とにかく買え読め

なお、同じく野球を題材としたマンガで、方向性は逆なのに、やっぱり最高に面白いのが
オンライン書店ビーケーワン:One outs vol.1
One Outs(ワンナウツ) 1

これ。
こっちはプロ野球ファンにオススメ。特に、パ・リーグの面白さを知ってる真のベースボールファンなら是非!

「♭38℃ Loveberry Twins」 月野定規5

♭38℃ Loveberry Twins (メガストアコミックス)♭38℃ Loveberry Twins (メガストアコミックス)
著者:月野 定規
販売元:コアマガジン
(2004-12-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 成年コミックで大人気の月野定規さんの最新刊「♭38℃ Loveberry Twins」。
 前作のキャラも顔を出してますが、やっぱりメインは二卵性の双子。
 「あーそうそう、『恋妹』、本当はこんな話にしたかったんだよなー」と思いつつ、ストーリー展開の上手さとエロの濃さ(特濃ですよ!)、そしていかにも私好みのオチを堪能させてもらいました。
 いつか、もう一度双子モノにチャレンジしてみたいです。今度こそ双子メインで(^^;

 前作のこちらも当然オススメ。

フラット37℃ (メガストアコミックスシリーズ No. 5)フラット37℃ (メガストアコミックスシリーズ No. 5)
著者:月野 定規
販売元:コアマガジン
(2002-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

現実逃避でコミック三昧

ここ数日快調?だった執筆ペースがちょっと失速。手間取るシーン(はっきり言えばHシーン)が続き、ちょっとモチベーション低下。ついでに言えば、この次の作品のスケジュールを計算しちゃってちょっと鬱。……計算しなきゃよかった……。そろそろアイディア降臨しないとマジでヤヴァいって!(T_T)

で、コミックがまとめて入荷されたので、現実逃避……もとい、気分転換を兼ねて一気読み。

オンライン書店ビーケーワン:K2 1
K2 1

「スーパードクターK」シリーズの続編。前作知ってると面白さ倍増。これまでの「K」シリーズ同様の流れになりそうで、今後に期待。

オンライン書店ビーケーワン:ご主人さまとアタシ
ご主人さまとアタシ

橘裕さんのファンなので。ちなみに、メイドものを期待してはいけません(^^;

オンライン書店ビーケーワン:探偵学園Q 18
探偵学園Q 18

実は結構好きなこのシリーズ。

オンライン書店ビーケーワン:金田一少年の事件簿
金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件

こっちも買っちゃいました。ボンベイブラッドくらい、ミステリ好きなら知ってるよな、などと軽くツッコミ。

オンライン書店ビーケーワン:鉄腕バーディー 7
鉄腕バーディー 7

ここんとこ中だるみっぽかったのが、少し面白くなってきた感じ。今後に期待。
でも、ゆうきまさみさんの作品は、基本的にコメディのほうが好きかも。

オンライン書店ビーケーワン:はじめの一歩 71
はじめの一歩 71

100巻でも終わりそうもないですね(^^;

8ビットPCから親指シフトへ

私は小説の書き方というのを知りません。まともに勉強したこともありません。小学生の頃、ミステリの書き方という文庫本を読んだことはありますが(Sという、当時のベストセラー作家が書いてた)、はっきり言ってなんの役にも立ちませんでした。
最初に長編作品を書き上げたのは高校生の頃、某雑誌のマイナーな賞に応募したときでしたが(ちなみに2作目はフランス書院への応募作、3作目がデビュー作)、このときの作業環境は8ビットPC(SHARPのX1turbo)とワープロソフト(「即戦力」だったかな?)でした。当時、とっくに8ビットなんて死に絶えていたのですが(後継のX68000も、最後の機種が出てかなり経っていた)、金のない私は延々とその愛機で執筆していました。漢字変換も文節単位でしたが、それでもあまり不満はありませんでした。

大学入学と同時にWindowsマシンに乗り換え、一太郎&ATOKという定番環境に移行しますが、本格的に長い文章を作成するようになると、テキストエディタ&ATOKのほうが楽だと気づきました。
日本語IMEもエディタもかなりの種類を試したのですが、結局、ATOKと秀丸エディタに落ち着いて今に至ります。

最初のアイディアを出す段階では寝っ転がって大学ノートにペンで走り書きすることが多いのですが、その後はエディタでプロットを作っていきます。
アイディアをひねり出すときは、キーを打つより手を動かしたほうがいいと経験的に知りました。

キーボードはパンタグラフ式のものを愛用しています。ノートPCと同じタイプで、音が静かなのと、軽く押しても反応してくれるのがお気に入りです。

ところがここ数年、ローマ字入力に対しての不満がかなり積もってきています。今年の夏、かねてから興味のあった親指シフト用のキーボードとIMEソフトを購入。「これで今日からおいらも親指シフターさ!」と思ったのも束の間、作業スペースの関係や打鍵音の大きさに、移行しきれないでいます。
せめて小説書くときだけでもローマ字入力から逃れたいんですけどねー。

『となグラ! 1』 筧秀隆



まんが王さんでオススメされていたので通販にて購入。
……だって、「素直じゃない幼なじみ」ですよ? 青橋由高がそんな作品を見逃すわけにはいかないじゃないですか!

で、本日届いたので、「悪魔な彼女、天使な妹」執筆の合間にちょびちょび読み進め、つい先程読了。
予想通り、キてます。ええ、かなりです。
なんちゅうかその、ど真ん中に95マイルのストレート(フォーシームね)ですよ! 変な捻りもない(私はいっつも捻って失敗する)し、主人公もいい感じ。私の作品が好きという奇特な(自分で言うか)方なら、まず間違いなく楽しめると思います。そうでない方にもオススメです。

なお、近場の本屋にない場合はまんが王さんで通販されることを推奨。

余談ですが、私にも、いちおー目標というか野望らしきものがございます。
たとえば、いつか作品がアニメ化されて(この時点で野望っちゅうより無謀)、音楽はランティス、主題歌はCooRieでお願い!とか。
比較的身近な野望は、まんが王さんのオススメコーナーに掲載されてもらうことだったりします。……これも無理だろうな、と半ば諦めてますけどね。

さーて、原稿の続き、やらなくちゃ。

『have relations with…2 −しのぶ−』 ソフトさ〜くるクレージュ

実は未だにクリアしてないハブリレ2ですが、一部回想が埋まらないという不具合へのパッチが発表されています。
もしもまだパッチを当ててない方がいらっしゃいましたら、こちらへどうぞ。

シナリオ重視ではなく、エロに特化(恋人とのエッチがメインです)した作品なので、書いてるときは本当に大変でした。小説でもそうですが、エッチシーンはとにかく疲れます。「DISCODE surface」なんてもう……(T_T)

でも、最初からシナリオの指定書(台本みたいなものです)があるので、一から話を考える必要がない点は楽ですけどね。
もっとも、自分の属性と違う企画のときは別の意味で大変ですが(^^;

Web連載の訂正

Web連載の3ページ目、下から6行目、
(誤)愛菜は悟に手作りのチョコを
(正)万梨愛は悟に手作りのチョコを
に訂正します。

サイトのほうは特殊なフォーマットで書いちゃってるので、すぐには訂正できないそうなので。

読んでいてあれ?と思われた方、ごめんなさい。

毒、吐きます1

>パ・リーグ小池唯夫会長(72)
さっさと消えてください。

>オリックス
どっかに球団身売りしてください。

>〆切
延びてください。
ご注意
このブログには、アダルト関係の記事・リンクが含まれています。
未成年者やそーいったものに興味がない方はさっさと引き返すよーに
あとは自己責任でよろしく。
カテゴリ別アーカイブ
最新情報
最新刊
僕とるー先輩の放課後調教日誌
僕とるー先輩の放課後調教日誌 今日も私を躾けなさいっ!

電子版、配信開始
大きめサイズ
青橋由高短編集7 悪魔メイドはデレデレです

近刊
母娘温泉(仮)
母娘温泉 【子づくりの宿】

表紙・通常サイズ
僕には家事妖精(シルキー)なメイドがいます

大サイズ
僕には龍神(ドラゴン)なお姉ちゃんがいます

通常サイズ
僕とエルフメイド姉妹の三人暮らし

冬コミ最新刊
表紙・通常サイズ
青橋由高短編集12
メイドハーレムなんて許しません!?

夏コミ新刊
大きめ
マリナ&ミリス 陥落のエルフ王女姉妹
livedoor プロフィール

青橋由高

メッセージ
Twitter
著作
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイル_怪盗メイドの事件簿サムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル・トリプル生徒会長
トリプル押しかけお姫様サムネイルサムネイル
妹は電波系サムネイル(正式版)トリプル押しかけメイド妻サムネイル妹はふたご巫女サムネイルお嬢様姉妹はW嫁!サムネイル
生徒会長は妄想系トリプル押しかけ許嫁いちゃいちゃラブラブお姉ちゃんW新婚お嬢様!
W生徒会長(小)好き好き大好きお姉ちゃん
お嬢様フォーシーズンズあねスポッ!表紙サムネイル
恋姫表紙サムネイル絶対無敵お嬢様表紙サムネイル
キスキス表紙サムネイルあねらぶ表紙サムネイル
悪魔・天使表紙サムネイルKiss表紙サムネイル
純情表紙サムネイル恋妹表紙サムネイル
約束表紙サムネイル微熱表紙サムネイル

メイドなります!シリーズ
もっとメイドなります!表紙サムネイル
さよなら表紙サムネイルおしおき表紙サムネイル
すくみず表紙サムネイルメイドなります!表紙サムネイル

フランス書院文庫
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイル私のご主人さまサムネイル
メイドと巫女と極甘生活僕とメイド母娘(小)
シナリオ担当同人ゲーム
サムネイル
2013年8月現在、16作担当
同人誌(青橋商店)
サムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイル_短編集9サムネイル_ミリス
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
奪妹サムネイル短編集4サムネイル
短編集3サムネイルごくあま!サムネイル
みそまほ!サムネイル短編集2サムネイル
引きこもりじゃないもん!サムネイルみそこい!サムネイル
ダブルスコア〜このダメ大人っ!奪恋〜寝取られた幼なじみ

恋夏音々の夏休み
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ