同人誌書いてみたい

以前からやってみたかったのが同人誌。フランス書院(美少女文庫)で書かせてもらうようになるまではそんなこと思わなかったのですが、今は逆に同人で書いてみたい気持ちになってます。

今のところ好きに書かせてもらってますが、それでも発表できないネタというのはありまして(別に過激とかそういう意味でなく)、だんだんと不満というかストレスが溜まってきてるのです。

ですが、実際にやるとなると色々な問題があるのですね。

まずは時間。現にこれを書いてる今も、明日の朝までにやらなくちゃならない原稿があります(泣)。が、これはなんとでもなる……はず。それ言ったらいつだって時間はないのですから。

次にノウハウ。なにしろ超初心者です、私。周囲に同人活動してる人間がいないので、なにからなにまで素人。
協力者も必要ですね。できれば経験者。候補はいるんですがね。約一名。印刷会社勤務のG、キミのことだ(笑)。

で、なにを同人誌で書きたいのかというと、今までに発表してきた作品の番外編のようなものです。
どうしても本にはしづらい短編とか、ですね。H以外のシーンとか、逆に本編で削っちゃったエロエロシーンとか。

具体的にはこんなの考えてます。
・「恋妹」の番外編(予定している続編とは別の話で)。渚生徒会長との気の休まらない日常とか双子姉妹との騒々しい毎日
・「メイドなります!」の由佳里さんの日常生活
・「Kiss」の続編(これこそ同人向きか?)
・「純情」の優羽子と渚生徒会長のくだらない争い

もちろん完全新作も書いてみたいですけどね。

ネットで公開するのも手ですが、私は「本」というものが好きなんです。やっぱりディスプレイ上ではなく、紙の上の文字を読んでもらいたいという気持ちが強かったりします。

でも、どうせならイラスト欲しいですよね。安藤さんとかポチ加藤さん、描いてくれないかなぁ? 贅沢すぎ?(笑)

まー、実現できるよう、取り敢えず目前のお仕事片付けます。
さて、頑張っていきまっしょい!

縦書き

私はATOK17+秀丸エディタで原稿書いてるんですが、ちょっと縦書きで書いてみようかと不意に思ったのです。

私の愛用している秀丸くんは横書きオンリーなので、主に印刷にしか使ってない一太郎12でチャレンジ。
が、問題発生。

私の場合、文庫と同じ文字数×行数でページ換算してくれないと意味がないのですが、そうすると今度は行間・文字間が勝手に修正されちゃうんです。
ざっと試したり調べたんですが、結局駄目。
ジャストシステムのサポートに電話したら「操作に関するお問い合わせは有料(1000円ちょいだった)」と言われたので一気にやる気が消失。
別に金がどうこうではなく、なんか一太郎2005を買う意欲が霧散。
またATOKだけにするかな、ヴァージョンアップ。

取り敢えず解決策が見つかるまでは現状維持もしくは縦書き対応エディタの物色。

あの悲劇が再び……?

今日は気分転換を兼ねて友人とちょっとだけキャッチボール。
少しストレス発散。

現在、私はひっじょーに危険なスケジュールを組んでます。組んでるっちゅうか、結果的にそうなったというか……。

一昨年の暮れから昨年春先まで、あるいは昨年の夏のときもそうでしたが、今回のは、あるいはこれらを上回るほどの修羅場になりそうな予感。
そう考えると、今日はいい休養になったかもしれません……って、出掛ける前も後も普通に原稿書いてるじゃん! あまり休んでないやん!

現在やっている原稿は今月中にほぼ終わるので、その後は休みなく「彼女は○○○○」、続いて某ゲームのシナリオに取りかかります。
……ああ、今年こそ修羅場のない日々を送ろうと思ってたのになぁ。

あ、今日、「To Heart2」のサントラ届きました。これ聴きながら頑張ります。

『のだめカンタービレ 1』 二ノ宮知子5

オンライン書店ビーケーワン:のだめカンタービレ 1
のだめカンタービレ 1

ちょっと前に最新刊(11巻)が出たところですが、やっぱり面白いです、これ。たまたま担当さんも読んでいたそうで、「電車の中で読むと危険」と言ってました。……笑っちゃったんだな、きっと。

内容は「本格的クラシック音楽ラブコメ」(って書くと途端に胡散臭くなるのはどうしてだろう)。
口で説明するのは難しいので、是非、お手にとってください。できれば、何巻かまとめて読むことを推奨。

青色申告

フリーの人間にとってこの年度末は地獄の作業が待っています。……そう、確定申告です。
私は青色ですが、これがまた大変なんです。

でもしっかり申告しないと、源泉徴収分(印税の一部をあらかじめ出版社が納税する制度)が回収できないのでそうも言ってられないんですよ。
私は間違っても高額所得者じゃありませんが、それでも昨年出版された小説4冊分の徴収額は結構な額になってます。
なんとかして取り戻しちゃろうと頑張ってるところです。
脱税しようとは思いませんけど、余計に納めるのはシャクですしね。

「約束〜彼女はウエイトレス!」 青橋由高

約束―彼女はウエイトレス! (美少女文庫)約束〜彼女はウエイトレス!
青橋由高(著)・安藤智也(イラスト)
美少女文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)
お姉さんと妹が浩平にご奉仕してるなんて……
ウエイトレス三姉妹の次女・香月が見たものは、制服姿の姉妹を交互に突きあげる少年。
浩平の「初恋の人」は私のはずなのに。
興奮に秘所を濡らしながら、香月は決心した。
浩平に全部あげちゃう、誰にも負けない奴隷になる。
彼女は倒錯ウエイトレス!

 発売は2003年の10月。通算3冊目。

 これはイラストの安藤智也さんに「どんなの描きたいですか?」と聞いたところ、「喫茶店のマスターとウエイトレスの落ち着いた雰囲気のラヴストーリー」と言われたので、「じゃ、ウエイトレスもので」と、極めて安易に決まった作品です。

 どうして安藤さんに聞いたかというと、単にネタ選びに困っていただけです。
 そこでイラストさんにネタを決めてもらうという発想がひどいですね、我ながら。
 しかも、全然安藤さんの希望とは違うストーリーになってるし。

 私としては姉妹レズシーンが書きたかったので、三姉妹に設定しました。安易&煩悩丸出し!


 主人公がパティシエなので、色々取材というか調べ物が多かった作品です。
 有名なお店(ただし近場限定)の菓子を買って食べたりしたんですが、あんまり(ほとんど?)作中では出てきませんね。


 執筆中、構成上で大きなミスが発覚して大慌てになったことがありました。なんとか修正できましたけど、あのときは本当に焦りましたね。

 あ、香月(メインヒロイン)が○○であんな格好してるってところじゃないです、念のため。あれも思い切りミスなんですが……。増刷かかったときに修正しておけばよかった……。


 この作品は珍しくすんなりとタイトルが決まったんですが、まあ、誰が考えても「約束」ですよねぇ。

 担当さん曰く「青橋作品で一番好きなのはコレ」。

 確かに、現行作品群('05年1月現在7冊)のなかで一番まとまっているかもしれません。これと「微熱」くらいですかね、続編を想定しないで書いたのは。

 なお、「ウェイトレス」ではなく「ウエイトレス」と表記しているのは、これは出版社がこう統一してるためです。

(08/06/25追記)
 「プティ・スール」ですが、その後も浩平たちが頑張ってるらしく、青橋作品のあちこちで店名やケーキが出てきます。
 また、真琴お姉さんはやっぱり真琴お姉さんのようで、最近では香月たちだけでは飽きたらず、よその姉弟にもちょっかいを出してる模様。

 ここらへんは最新作「好き好き大好きお姉ちゃん♥」をお読みください……と露骨に宣伝する私。

ゲームシナリオと小説の違い

昨日、とある同人サークルさん(どこかはまだ秘密)からゲームのシナリオのお仕事が打診されました。ちょっと前からお話は来てたのでスケジュールは調整していたんですが、やっぱり厳しい戦いになるのは間違いなさそうです(^^;
まー、いつものことですが。

まだどんなゲームなのか詳細を知らないのですが、最初からキャラや設定、話の流れが準備されてるシナリオの仕事は、小説とは違った意識で書けるのでいい気分転換になるんです。もちろん逆のケースもあります。大変なのは一緒なんですけどね。

さて、その前に小説のほう進めなくちゃ。

『To Heart2』 アクアプラス5

全シナリオ制覇しました、「To Heart2」。
いよいよ最後の一人はこのゲームのヒロインであるこのみ。いかにも定番の、幼なじみキャラです(お前が言うか)。

……なんかちょっとヴォリューム不足な気はしましたが、綺麗にまとめてはありました。

で、総括。

シナリオで好きなのはタマ姉、由真、愛佳ルート。
キャラはタマ姉、愛佳、るーこ。
インパクトあったのは雄二(笑)と姫百合姉妹ルートに出てくるメイドロボ三姉妹。

システムはしっかりしてるし、この手のゲームが好きなら迷うことなくオススメします。
前作のほうが私は好きですが、これは好みの問題でしょうね。

あと……OP曲のフル版、シングル出して欲しかったなぁ。しゃあないからサントラ買いますけど。

姫百合姉妹シナリオ クリア

いよいよ終わりが近づいてきました「To Heart2」。
今回は姫百合珊瑚・瑠璃姉妹シナリオをクリア。続きを読む

山場は越えたか?

とあるお仕事原稿(小説)、ようやく全体像が形になってきました。
私は書きながら修正を加えまくるタイプなので(大筋は変えませんが)、ラストシーンまでの流れがなかなか決まらないときがあるんです。
あとは実際にテキスト作成すればいいんですが、ここでまた新たな問題発生。ってか、結構前の段階から予想されていた事態なんですが……ページ数が足りないんです。それもかなり。今までで最大級かも。

毎回毎回同じことの繰り返しですが、何故か(セリフ多すぎだってば)いっつもなにかしらシーンを削ることになっちゃうんです。
ただでさえ「青橋作品はエロくねぇ」とか言われてるんで、Hシーンは削れません。しかも今回は、とにかく後半にエロエロぉなシーンを連発する構成です。そのシーンを書くための設定なので、そこを削るわけにはいきません。

まぁ、取り敢えず全部書き上げてから考えることにします。

さぁ、追い込みだ! ずっと風邪気味でだるいけど、頑張らねば!

るーこシナリオ クリア

るー、「To Heart2」、今回はるーこシナリオでした。るー。

……あのラストがなければ、かなり好きなシナリオでした。「Fate」のセイバーエンドみたいにしたほうがまだよかったような……。それはそれでイヤだけど。
なんか直前で逃げたような気がして、個人的には微妙なエンディングでした。
もちろん、こんなのは好みの問題なんですけどね。

でも、それまでのシナリオは楽しめました。るーこ、萌え。
るー。

『表紙なヒトタチ』シリーズ 白桃色5

雑誌「ペンギンクラブ」に連載されている「表紙なヒトタチ」シリーズが最近のお気に入りだったりします。
はっきり言うと、私はこれと表紙(ポチ加藤さんが担当)のために買っているようなものです。他にも好きな作家さんはいますけどね。

描いている白桃色さんはソフトさ〜くるクレージュのスタッフで、最初はネタ(会ったときに冷やかそうかと(^^;)として読んでたんですが(ひでえ)、これがお世辞抜きで面白いのです。
恐ろしいことに実話だってのも笑えます。
私は単なる害虫……じゃない、外注スタッフなので、ほとんど一般読者と同じ視点で楽しめますしね。

ちなみに作中に出てくるポチ加藤さん、かなりご本人にそっくりです。

……関係者、ここ読んでねーだろな……?(ちょっとビクビク)

『遙かなるクリスマス 紅白歌合戦バージョン』 さだまさし

紅白を見ての印象は、「よくあそこまで短くまとめられたな」というものでした。でも、なんだか原曲の持つ繊細さが色褪せて、ちょっとテーマへのピントがズレちゃったような気もしました。
こういう曲を選んだNHKは偉いと思いますが、どうせならきちんと原曲を歌えるだけの時間も確保して欲しかったというのが本音です。
私は嫌いじゃないぞ、NHK。

この曲を検索してここのブログを訪れてくれる方も年明けから増えているので、やっぱりインパクトはあったようです。
是非、オリジナルヴァージョンを聴いてください。「恋文」というアルバムに収録されています。

優季シナリオ クリア

To Heart2」、隠し?キャラの優季シナリオを終えました。
えーと、前回の花梨シナリオと同じ印象です。なんだか、もっと長いシナリオを強引に短くしたって感じですね。説明不足のせいか、設定とかキャラを生かし切れてないもったいなさが目立ちました。

じゃあお前ならもっといいのが書けるのか、などというツッコミはご容赦くださいね(^^;

「メイドなります!〜彼女は幼なじみ」 青橋由高

メイドなります!―彼女は幼なじみ (美少女文庫)メイドなります!〜彼女は幼なじみ
青橋由高(著)・ポチ加藤(イラスト)
美少女文庫

公式サイトはこちら(サンプルあり)

「ご、ご主人様。美沙のご奉仕は気持ちいいですか」
メイド姿で××にまたがり、一生懸命腰を振る私。
昨日までは強気な幼なじみ。
だけど今日からは、学校でもどこでも仕える淫らなメイド。
(ねえ、どうして私がメイドになったか知りたくない?)

 発売は2003年の7月。通算2冊目。

 この頃はまだ「彼女」シリーズの定義が決まってないため、タイトルが微妙に混ざってる感じ。
 ちなみに、現在では「安藤智也さんがイラストの作品でメインタイトルが漢字2文字」というのがシリーズの定義です。ただしかなり流動的(^^;

「メイドなります!」シリーズの第一弾で、当初の予定は「とにかくお約束でべたべたの展開」。ビリヤードという競技はちょっと変化球だったかと思いますが、個人的には悪くないチョイスだったかな、と。

 ヒロインの美沙は某ゲームのキャラに触発されて設定しました。名前も拝借。性格は若干マイルドになってる……かな?
 素直じゃない幼なじみという青橋パターンはもうここで確立されてますね。

 メイド服のデザイン等は全てポチ加藤さんに丸投げしちゃいました。
 いわゆる正統派?の、あまり露出度の高くないデザインは私の意向でもあったので、非常に満足しています。

 本当はシリーズ第3弾も書きたいのですが、とにかくポチ先生が多忙のため、なかなかスケジュール確保できないのが悩みの種。
 会うたびに「スケジュール空けてくださいよぅ」と懇願している青橋です。

「ヒロインよりもサブヒロインが目立つ」青橋パターンもこの作品から。
「恋妹」の渚会長と並び、メイドの由佳里さんは私も好きです。
 由佳里さんに関しては色々設定を用意してあるので、いつかこの人メインで書きたいですね。

 ちなみに私のビリヤードの腕前は「なんとか撞ける」程度。下手です。

(2008/04/26追記)
 おかげさまで私の代表作となりました「メイドなります!」シリーズの第1作。もう発売から5年経ちますが、何度も増刷してもらい、ありがたいことにまだまだ普通に流通しています。

花梨シナリオ クリア

To Heart2」、今回は花梨シナリオをクリアしました。

……あれ? と思うほど、ややあっさりとした感じです。もしかしたらなにかの都合で一部削られたのかと思ったりしました。それか、最初からこのヴォリュームだったのかなぁ?

キャラがもったいない。そんな印象を持ちました。

愛佳シナリオ クリア

To Heart2」攻略日記となりつつありますが、ちゃんと仕事はしてますのでご安心を。>取引先の皆様方

今回は委員長・愛佳シナリオをクリア。由真フラグも立てないといけないことに気づかず、実は一度雄二エンドになっちゃいましたよ……。

ラストシーン、色々ツッコミたいところもありましたが、思わず涙腺が緩んだ私は、かなり精神的に追い込まれているのかもしれません。
WEB連載が更新されるたびに情緒不安定になっているなぁ……。

あ、愛佳シナリオ書いた人って、やっぱり由真シナリオと同じ人なのかな?
シナリオというか伏線が絡んでるし。

WEB連載3回目

いつの間にか3回目に更新されていた「悪魔な彼女、天使な妹」。
みさくらさんの新作カット、私もここで初めて見た……。
てっきり来週末の更新かと思ってました。

ページ数の関係で色々説明不足になってるのが自分では不満です。
枚数が足りなくなって原稿を削りまくるのは単行本でも同じっちゃあ同じなんですけども。

由真シナリオ クリア

はい、引き続き「To Heart2」プレイ中です。
二人目は由真でした。……ほら、だいたい予想通りでしょ?
ええ、青橋はツンデレ系キャラが大好きなのです。いや、ツンデレって言葉を知ったのはごく最近なんですけどね。

こういうゲームをやっていていつも感じることが二つほどあります。

まずは「もう自分は素直にゲームを楽しめないんだなぁ」ということ。
どうしても「あ、このネタ、自分だったらこう使うなぁ」とか「お、このセリフ、メモしとこ」ってなっちゃうんです。ゲームに限った話じゃないんですがね。
もう一つは、「もしも自分がこのキャラのルートに入らない場合、あのキャラのこの後はどうなっちゃうんだろう」って考えちゃうことですね。

私はヘタレで偽善者なものですから、それがフィクションであろうとも、否、フィクションだからこそ、ハッピーエンドを望んでしまうのです。
だからといって毎回ハーレムエンドにもっていく自分もどうかと思いますがね(^^;
一応、自分の描いたキャラたちについては将来の姿は想定してあるんです。
どうすれば全員が幸せになれるか、それだけはちゃんと考えてあげようと思ってます。

「恋妹」書いてるとき、担当さんに「宗一(主人公)は将来○○○(ヒロインの誰か)と最終的にはくっつきます」って言ったら、「え?×××(ヒロインの誰か)とじゃないんですか?」と驚かれたこともありましたっけ。
あ、「メイドなります!」シリーズも、当然ある程度決めてますよ? 聞かれてもノーコメントですけどね。

話は変わりますが、だから私が「Fate」をプレイしてて一番ショックだったのが、セイバーのハッピールートがなかったことです。
ファンディスクでは、是非! いや、大マジで!
「セイバーのハッピーエンドは予定してません」なんて言わず! お願い!

タマ姉シナリオ クリア5

あらかじめ言い訳……じゃない、説明しておきますが、ちゃんとお仕事はしています。息抜きにちょっとだけ遊んでるだけです。いや、ホントに。

最初は誰を狙おうかとふらふらしてたのがまずかったらしく、タマ姉ルートが中途半端になって雄二エンドに(!)。
悔しいので最初からやり直してタマ姉シナリオをクリア。
こーゆーキャラが私のツボなのです。ま、読者の方は言われなくてもわかってるでしょうけど。

さて、原稿の続きやらないと。

親指シフトは、ゆっくりと馴染んできたところです。取り敢えず、「このキーはどこだっけ?」というケースはほとんどなくなりました。あとはスピードを上げて、ミスを減らすことですね。
ご注意
このブログには、アダルト関係の記事・リンクが含まれています。
未成年者やそーいったものに興味がない方はさっさと引き返すよーに
あとは自己責任でよろしく。
カテゴリ別アーカイブ
最新情報
最新刊
僕とるー先輩の放課後調教日誌
僕とるー先輩の放課後調教日誌 今日も私を躾けなさいっ!

電子版、配信開始
大きめサイズ
青橋由高短編集7 悪魔メイドはデレデレです

近刊
母娘温泉(仮)
母娘温泉 【子づくりの宿】

表紙・通常サイズ
僕には家事妖精(シルキー)なメイドがいます

大サイズ
僕には龍神(ドラゴン)なお姉ちゃんがいます

通常サイズ
僕とエルフメイド姉妹の三人暮らし

冬コミ最新刊
表紙・通常サイズ
青橋由高短編集12
メイドハーレムなんて許しません!?

夏コミ新刊
大きめ
マリナ&ミリス 陥落のエルフ王女姉妹
livedoor プロフィール

青橋由高

メッセージ
Twitter
著作
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイル_怪盗メイドの事件簿サムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル・トリプル生徒会長
トリプル押しかけお姫様サムネイルサムネイル
妹は電波系サムネイル(正式版)トリプル押しかけメイド妻サムネイル妹はふたご巫女サムネイルお嬢様姉妹はW嫁!サムネイル
生徒会長は妄想系トリプル押しかけ許嫁いちゃいちゃラブラブお姉ちゃんW新婚お嬢様!
W生徒会長(小)好き好き大好きお姉ちゃん
お嬢様フォーシーズンズあねスポッ!表紙サムネイル
恋姫表紙サムネイル絶対無敵お嬢様表紙サムネイル
キスキス表紙サムネイルあねらぶ表紙サムネイル
悪魔・天使表紙サムネイルKiss表紙サムネイル
純情表紙サムネイル恋妹表紙サムネイル
約束表紙サムネイル微熱表紙サムネイル

メイドなります!シリーズ
もっとメイドなります!表紙サムネイル
さよなら表紙サムネイルおしおき表紙サムネイル
すくみず表紙サムネイルメイドなります!表紙サムネイル

フランス書院文庫
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイル私のご主人さまサムネイル
メイドと巫女と極甘生活僕とメイド母娘(小)
シナリオ担当同人ゲーム
サムネイル
2013年8月現在、16作担当
同人誌(青橋商店)
サムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイル_短編集9サムネイル_ミリス
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
奪妹サムネイル短編集4サムネイル
短編集3サムネイルごくあま!サムネイル
みそまほ!サムネイル短編集2サムネイル
引きこもりじゃないもん!サムネイルみそこい!サムネイル
ダブルスコア〜このダメ大人っ!奪恋〜寝取られた幼なじみ

恋夏音々の夏休み
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ