「六人のおいしい艶熟女」自己解説その2

通常サイズ六人のおいしい艶熟女[AA]
青橋由高
フランス書院文庫
公式サイトはこちら
悩殺ボディの家政婦に真夜中もお世話を施され……
フェロモン全開の和服美女と一夜の危険な火遊びを……
美人だらけのマンションで日替わり姦淫を満喫し……
三十路のとろける蜜壺で女の悦ばせ方を教えこまれ……
未亡人姉妹に迫られて待っていたのは美肉くらべ!?……
こんな熟女を味わいたい、六つのおいしいパラダイス!

その1から続く)

 今回の短編集は編集サイドからの要望で、熟女をテーマにしました。
 元々、特選小説に掲載されていた作品にも熟女がヒロインって作品は多いので、まあ、問題はないよね、と思いました。

 が。
 よくよく考えてみれば、短編集もありがたいことにこれでもう3冊目です。
 特選小説に掲載された作品は23本ありますけど、うち3本は短期集中連載で分量少ないし、これを元にして長編にまとめちゃってますし(「おいしい特別休暇」)。
 過去2冊の短編集に収録したのが9本。
 つまり、使える作品は11本。
 うち1本は当時まだ本誌掲載前で、さすがにこれ使うのは憚られたので10本。
 さらに、熟女というテーマに合わないものもあったので、どれを収録するかは結構悩みました。

 いや、普通の短編集ならそんなに悩まないと思うんです。私の場合、1冊の単行本としてある程度まとめたいという気持ちがあるせいで悩みました。自ら茨の道に踏み入る感じでございます……。

 前の2冊もプロット作るの大変でしたけど、今回は一番苦戦しました。
 一番最初と最後の書き下ろし2本のあのネタは比較的すぐできたのに対し、再録の4本をどう料理するかにだいぶ手間取りました。3、4回くらい修正したかも。
 なんで官能小説の短編集でこんなパズルみたいなことやってんだろうと、何度思ったことか(笑)。
 これで読者のみなさまが楽しんでくれれば報われますけど、実際どうなんですかね。ご意見ご感想、お待ちしております。

 各作品のあいだに短い後日談を書き下ろしましたけど、1話目にだけないのは意図的です。

 この1話でちょっとした違和感を覚えた方が最後の6話読んで「ああ、なるほど」と納得してくれたら、仕掛けた私としては本望です。当初はもっと露骨にあれこれネタ仕込むつもりでしたが、作者の自己満足になっちゃうから必要最小限に抑えました。

 担当さんには、6話の腕時計のエピローグが印象的だと言われました。あれは書きながら思いついたネタなんですけれど、悪くない小道具になったんじゃないでしょーか。

(その3に続く)

「六人のおいしい艶熟女」自己解説その1

通常サイズ六人のおいしい艶熟女[AA]
青橋由高
フランス書院文庫
公式サイトはこちら
悩殺ボディの家政婦に真夜中もお世話を施され……
フェロモン全開の和服美女と一夜の危険な火遊びを……
美人だらけのマンションで日替わり姦淫を満喫し……
三十路のとろける蜜壺で女の悦ばせ方を教えこまれ……
未亡人姉妹に迫られて待っていたのは美肉くらべ!?……
こんな熟女を味わいたい、六つのおいしいパラダイス!

 2017年3月発売。通算53冊目(アンソロ系含まず)。フランス書院文庫では8冊目。

「七人のおいしい人妻」「年の差のある七つの姦係」に続く短編集第3弾となります。
 過去2冊同様、「特選小説」で発表された短編に書き下ろしを加え、さらにちょいと小細工した構成となっております。
 収録されている短編6本は以下のとおり。

「熟女家政婦と坊ちゃま ご奉仕されて甘やかされて」(書き下ろし)
「和服美女の「つまみぐい」 かわいい熟女の啼かせ方」(原題「美しきパトロンのためのパヴァーヌ」
「美熟マンションへようこそ 「艶住人」を独り占め」(原題「熟女マンション」
「シェアハウスで3P体験!? 甘く危険な熟女の花園」(原題「シェア」
「田舎の淫らな「しきたり」 喪服未亡人姉妹と」(原題「押しかけ未亡人姉妹」
「ダブルスコア〜文(36)と倫太郎(18) 時を忘れて貪りあって」(書き下ろし)

 今回のテーマは「熟女」で、登場するヒロインの年齢は29歳から36歳となります。
 再録した作品の発表年は2011年から2016年までと幅広く、ヒロインの熟女たちも独身、バツイチ、人妻、未亡人と色々取り揃えてみました。
 我ながらよくもまあ、あれこれ書いたもんだと思います、ええ。節操ないんですな。

 これまでの短編集2冊を読んだ方はおわかりのとおり、今作でも全作品をリンクさせてます。また、過去の2冊とは違う趣向も盛り込んでみました。このネタ、本当は別の長編でやろうと思ってたんですが、出し惜しみせずに使ってみました。これと同じアイディアで別の作品書いてもいいわけですしね。

 また、各作品の直後に後日談も書き足してみました。本当はもっとたくさん書き下ろしたかったのですけど、いつものようにページが足りなくなって断念。書き下ろしの短編2本が予定より長くなってしまったのが原因なので、悪いのは私ですが……。

(その2に続く)

実際のプロット公開その3:特選小説編

 長編(美少女文庫)中編(同人誌)と来たので、3回目の今回は短編です。
 私は「特選小説」という官能小説雑誌にだいたい年に3、4本載せてもらってます。基本的には原稿用紙(400字)40から50枚の分量です。私の感覚的には相当少ないです。ギャラ一緒でいいからもっとページよこせ、といつも言ってます。もちろん無理ですけど。

 題材にしたのは、なぜかもう3回もAVとして映像化されている「息子の嫁」という作品です。2013年に発表してますね。

息子の嫁プロットプロット

 本編が短いので、プロットもコンパクトです。もっと短いときもあります。

 私は作品中に2回はエロシーン入れたいと思ってるので(ここらへんは作家によって違うと思います)、どうしても設定などをシンプルにする必要が出てきます。
 実際は、作中に出てこない設定もあれこれ考えたり原稿に書いたりもするのですが、ほぼ毎回(もしかすると一度も例外ないかも)規定の分量を超過するため、泣く泣く削ってます……。

 ただ、短編だと一つのアイディアで押し切れる(注:個人の意見です)ので、最初の取っかかりさえあれば、プロット作るのは楽だったりします。
 この「息子の嫁」だと、ヒロインの誘い受けってところですかね。あとはそこから逆算して、という感じです。

 出来上がった作品は電子配信もありますし(108円)、フランス書院文庫の短編集にも収録されてますので、是非買って(ここ大事)、比べてみてください。

通常サイズ七人のおいしい人妻
青橋由高(著)
フランス書院文庫
自己解説はこちら

息子の嫁
青橋由高
綜合図書
2016-02-04



(以下、テキスト版)
続きを読む

クセを意識しておく

 文章にもクセってものがありまして、油断すると無意識に似たような表現をしたり、同じ単語を用いたりします。私は特にその傾向が強くて、気がつくと勝手に指が動いちゃっている、というケースもしばしば。
 自覚はしているので、できるだけ違う表現をしよう、別の単語も使ってみようと意識はしてますが、それでもやっちゃうことがあります。
 ただ、頭の片隅で意識しておくとだいぶ違うという感覚はあります。
 接続詞を色々と変化させるだけでも印象変わりますしね。同じ接続詞を近い場所に使わないように、とはいつも考えてます。

 私が学生時代から愛用してるATOK(現在は月額制のATOKパスポート)には色々な辞書がありますので、似たような表現や単語が続いてるな、と感じたときは他の言葉を探すこともします。私、日本語の語彙が豊富ではないので。調べることによって新しい言葉を覚えられますし。


 なお、官能小説書いてる人間の大半に共通していると思われる悩みが喘ぎ声のバリエーションですが(笑)、残念ながらここばっかりは辞書は役に立ちません……。


今月の美少女文庫のラインナップ

 去年くらいから美少女文庫があれこれ新企画・新機軸を打ち出してますが、私、そのほとんどを知らないので、読者のみなさんと同じように発表されるたびに「おおー」などと驚いております。
 今のところ一つだけ先行して知ってるのは、私も大好きなイラストさんが近々登場する、ということくらいですかね。多分、他にも色々仕込んでるでしょうから楽しみです。まあ、聞けば教えてくれるんでしょうが。

 なお、私はそこらへんとはまったく関係なく、いつもどおりです。デビュー時から一緒。地味とか言うな。

 そんな、地味な(自分で言ってる)私の美少女文庫の最新刊はこちら。
 おかげさまで好調のようですので、新刊のついでにこちらも是非……と、便乗セールス。

通常サイズメイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ
青橋由高(著)・HIMA(イラスト)
美少女文庫
自己解説はこちら

(美少女文庫、今月の新刊)……リンク先はアマゾン、各作品の詳細はこちら
嫌な顔されながら子づくりさせてもらいたい (美少女文庫)
上原りょう(著)・40原(イラスト)
フランス書院
2017-03-21

思った以上に透視能力 美少女を征服して世界最強! (美少女文庫)
アナルカン(著)・MtU(イラスト)
フランス書院
2017-03-21

亡国の剣姫と忘国の魔王 (美少女文庫)
わかつきひかる(著)・つかこ(イラスト)
フランス書院
2017-03-21

新刊の見本、到着

 発売が近づいてきたフランス書院文庫「六人のおいしい艶熟女」、見本が届きました。

20170316新刊見本新刊見本

 公式サイトでも情報が更新されました。
 属性が合う方は是非。

六人のおいしい艶熟女 (フランス書院文庫)
青橋由高(著)
フランス書院文庫(公式サイトはこちら
2017-03-25

悩殺ボディの家政婦に真夜中もお世話を施され……
フェロモン全開の和服美女と一夜の危険な火遊びを……
美人だらけのマンションで日替わり姦淫を満喫し……
三十路のとろける蜜壺で女の悦ばせ方を教えこまれ……
未亡人姉妹に迫られて待っていたのは美肉くらべ!?……
こんな熟女を味わいたい、六つのおいしいパラダイス!

 宣伝、ここまで。

 今日から確定申告作業しなくてよくなったのですが、心が軽やかです。びっくりです。でも身体はがたがたです。
 なんか世間様では連休のようですが、私にゃ関係ございません。のんびりしたいです……って、もう口癖ですね、これ。
 来月からは平常運転に戻れる気がしないこともないです(死亡フラグ)。

(最近読んだ本)……リンク先はアマゾン

蛇沢課長の残念っぷりがさらに際立つ2巻。イイです。実にイイ。これ、アニメ化してくんないかしらん。
ヒロインのご両親も素敵。


今回のお姉様がおいつくなのか、私、気になります!

確定申告済ませてきました

 確定申告を済ませてきました。疲れました。まだダメージ抜けてません。徹夜、キツい……。
 まさか、直前になってデータの打ち間違いが発覚したり、必要な書類が見つからないといった初歩的なミスをやらかすとは……。己の愚かさに精神面でもダメージ食らいました。
 ただまあ、これで仕事に集中できます。頑張ります。

 次回作は早くても5月くらいなので、まずは近日中に見本が届く黒本ことフランス書院文庫の新刊をよろしくお願いいたします。

 あ。特選小説のプロットがそろそろ〆切だったこと、思い出した……。

六人のおいしい艶熟女 (フランス書院文庫)
青橋由高(著)
フランス書院文庫(公式サイトはこちら
2017-03-25

悩殺ボディの家政婦に真夜中もお世話を施され……
フェロモン全開の和服美女と一夜の危険な火遊びを……
美人だらけのマンションで日替わり姦淫を満喫し……
三十路のとろける蜜壺で女の悦ばせ方を教えこまれ……
未亡人姉妹に迫られて待っていたのは美肉くらべ!?……
こんな熟女を味わいたい、六つのおいしいパラダイス!

今月出る新刊について

 今月23日頃に配本開始の新刊に関する告知というか宣伝しておきます。

六人のおいしい艶熟女 (フランス書院文庫)
青橋由高(著)
フランス書院文庫(公式サイトはこちら
2017-03-25

悩殺ボディの家政婦に真夜中もお世話を施され……
フェロモン全開の和服美女と一夜の危険な火遊びを……
美人だらけのマンションで日替わり姦淫を満喫し……
三十路のとろける蜜壺で女の悦ばせ方を教えこまれ……
未亡人姉妹に迫られて待っていたのは美肉くらべ!?……
こんな熟女を味わいたい、六つのおいしいパラダイス!

 発売前だし、まだ公式サイトでも特に言及されてないので詳しくは書かないでおきますが、まあ、タイトルやらでおわかりかと。
 タイトルどおり、熟女ばっかです。これと平行してやってた他の作品たちとはキャラの年齢があまりにも違ってて、我ながら無駄に守備範囲広いなぁ、と思ってました。

 発売が近くなったら、またちょこちょこと情報出したり、いつものように自己解説という名の暴露話もやります。
 ま、取り敢えず買って下さい(キリッ


(最近読んだ本)……リンク先はアマゾン
魔法使いの嫁 7 (BLADE COMICS)
ヤマザキコレ
マッグガーデン
2017-03-10

アニメ化のようですね。楽しみです。
前の話忘れてたので、6巻から読み返しちゃいました。


番外編かと思ったら、別の話なんですね。こっちも好きです。


買おう買おうと思ってて今頃ゲット。トゲのように刺さる百合も素敵。


こちらもアニメ化。本編、じりじりしてて焦れったいけど、そこもまたイイ。甘々百合は素敵。この先はずっと甘々のままで是非。

「復讐勇者の迷宮奴隷ハーレム」朱月十話

復讐勇者の迷宮奴隷ハーレム (美少女文庫えすかれ)
朱月十話(著)・魔太郎(イラスト)
美少女文庫えすかれ(公式サイトはこちら
2016-12-21

「さあ魔王の口づけで生まれ変われ」
ルシフェルのたわわな巨乳と処女肢体に誘惑され、勇者アルドは闇堕ちする。
王国への復讐に生きる魔人将として!
最愛の聖騎士シエナを絶頂奴隷に変え、エルフ賢者マーリンを征服し尽くす!
魔のハーレム宴と魔王との再戦を経て、復讐勇者は新世界の王へ成り上がる!

 人間のために魔王と戦うも裏切られた勇者が闇堕ちして復讐するってあらすじなんですが(めっちゃ大雑把ですんません)、この主人公、なかなかきっちりダークサイドに染まってくれてます。そこが読んでて気持ちいいですね。
 モブキャラは結構酷い目に遭ってたりしますが(でもそこにどきどきしてしまう鬼畜な私)、主人公周辺のメインどころは大丈夫なのでご安心を。

 多くのキャラが登場して、エロシーンも山ほどあって、作中の進行も色々あるのですが、未消化な印象はなく、いい意味でまとまりが感じられるあたりは上手いなぁ、と思います。ここらへん、技量が足りないと散漫な感じが出てしまうので。見習いたいものです。

 エロに関してチートな主人公なので、ヒロインたちはさくさくと屈服してくれます。おかげで、陥落後のデレっぷりを存分に堪能できます。特にシエナたんとマーリンたんがいい。エロ可愛い。おっぱいおっきい。素敵。

 エピローグも実に私好みで、読後感も爽やか。
 エロエロハーレム、素晴らしいです。

実際のプロット公開その2:同人誌編

 第一弾がなかなか好評だったようなので、第二弾。
 今回は同人誌のプロットです。
 題材は昨年の冬コミで頒布した「あねみこ!」

表紙サンプルあねみこ!(18禁)
青橋由高(著)・稍日向(イラスト)
青橋商店
詳細はこちら

 プロットはこんな感じです。

あねみこ!プロット(概要とキャラ設定)キャラ設定
あねみこ!プロット(あらすじ1)あらすじ1
あねみこ!プロット(あらすじ2)あらすじ2
あねみこ!プロット(あらすじ3)あらすじ3

 分量のわりには結構きっちり書いてますが、これはイラストの稍日向さんへの指定書という側面もあるからです。あと、私自身、これ書きながらキャラのイメージ固めてる、という理由も大きいですね。
 私はプロットにセリフをよく書きますけど、これやると自分や相手(編集者やイラストレーター)にもイメージ伝わりやすいかなと思ってるからです。メモの意味もあります。

 完成した作品読んだ方は「あれ?」と思うかもしれませんけど、プロットとはちょこちょこ変わってる部分もあります。
 私にとってプロットは「大まかな設計図」という位置づけのため、書きながら別のアイディア浮かんだらそちらを優先させますし、キャラが勝手に動いちゃってどうしようもない、というケースも多々ございます、はい。
 そういうときでも当初決めていたラインを外さないように、元の流れに修正するための大きな武器となるのもプロットです。

 Hシーンを別に書いてるのは、シチュ(体位・コスチューム・絵の構図)などがダブらないよう確認するためです。複数ヒロインものだと特にここ大切。

 しかし……同人エロ小説のプロット……これが参考になる人、どんくらいいるんだろう(笑)。

 ちなみに「あねみこ!」、まだ通販在庫ございますので、是非読んでみてくださいませ。ぐへへへ(商人の顔で)。

(以下、テキスト)続きを読む

実際のプロットを公開

 以前からちょこちょこ「プロットってどんなふうに書くの?」という質問をもらうことが多かったので、参考になるかはわかりませんが、私のものをサンプルとして公開します。
 ただ、同業者や編集者に色々聞いたところ、これ、完全に人それぞれなので、あくまでも一つの例だと思ってください。
 要するに、編集者に「こんな感じですよ」って伝わればいいんです。

 題材にしたのは美少女文庫の「恋乙女 ヤンデレ生徒会長ささら先輩と毒舌水泳部・琴子ちゃん」

通常サイズ恋乙女 ヤンデレ生徒会長ささら先輩と毒舌水泳部・琴子ちゃん
青橋由高(著)・有末つかさ(イラスト)
美少女文庫
自己解説はこちら

 比較的まともなプロットです、私にしては。もっと雑なものもよくあります。
 この作品はそんなに大きくずれてませんけど、プロットと最終的なテキストが違ってることはしばしばあります。
 ストーリーの根幹部分はさすがにいじりませんが。

 あ、完璧にネタバレしてますんで、未読の方は注意してください。
 まずは本を読んでから……と、ダイレクトに宣伝。

 私がプロットに書くのは、
・キャラ設定
・あらすじ
 が基本となります。

プロット1(キャラ設定)キャラ設定
プロット2(あらすじ)あらすじ

 この他、別途、
・Hシーン詳細(場所、コスチューム、シチュ、体位など。ダブらないように)
・アイディアメモ
・設定メモ
 があることも。

 たまに、企画意図とか、タイトル案も数行くらい書くことがあります。

 私がよくやらかすのは、「未定」とか「なんかいい感じに」とか「あとで考える」などという、未来の自分が困るようなこと平気で書くことでしょうか。
 エピローグはよくやりますね。「それっぽく」とかたまに書きます。バカです。

 これまで私が書かせてもらったフランス書院(美少女文庫、フランス書院文庫)、総合図書(特選小説)、徳間書店、宝島社、講談社、どこでも基本的には同じスタイルでプロット提出しています。
 もちろん、短編だともっとシンプルですけれども。

 少しでも参考になれば幸いです。

(以下、テキスト)続きを読む

脱稿とか次回作の執筆とか電子版の配信開始とか

 今月発売予定のフランス書院文庫「六人のおいしい艶熟女」も無事に脱稿したようですし、他の長編の改稿も一応完了、これでようやく美少女文庫の次回作に本腰入れて着手できる状況となりました。……なる、はず、でした。
 私の考えてるよりも早く別作品のプロット出して、と言われたので、慌ててまとめました。アイディア、あらかじめ用意しておいてよかった……。
 今日、頑張ってどうにかしましたので、明日からはまた美少女文庫の作業に戻ります。ま、今日も一応書いてたんですけど。序盤だからなかなかキャラが動かなくて、大変です。

 あ、そうだ、電子版の配信も公式サイトで始まりましたので、こちらもよろしくお願いいたします。

通常サイズメイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ
青橋由高(著)・HIMA(イラスト)
美少女文庫
自己解説はこちら

 また、黒本の最新ラインナップは以下のとおり。各作品の詳細はこちら

(フランス書院文庫、最新刊)……リンク先はアマゾン









 

脱稿

 前日の宅配便の集荷時間に間に合わなかったため、本日、直接フランス書院の担当さんに黒本のゲラを渡してきました。これで問題が見つからなければ脱稿でございます。

 その後、打ち合わせっぽいものを兼ねて美少女文庫の担当さんとの3人でお昼ご飯をいただきました。美味しゅうございました。
 こういうとき、綺麗に撮れるスマホがあると記念に、と思うんですけどねー。
 諸般の事情で、もしかしたら近日中に3年半ぶりにスマホを機種変するかもしれません。今のところはファーウェイのP9が有力候補。身近にこれを持ってて、猛プッシュしてくる方がおりましてね(笑)。
 月末のMWCでXperiaのフリー端末発表されるといいなぁ、と願ってます。

 本日のいただきものはこれ。

20160222新刊見本美少女文庫、今月の新刊3冊

 こっちは自宅に帰ってからコンデジで撮影したんですが、こっちも10年選手で、いよいよあちこちダメになってきました。今日はフラッシュがうまく作動しなくて、さすがにもう引退ですかねえ。
 後継は、ミラーレスなども検討しましたが、沼が怖いので次もコンデジにする予定。多分、カシオのEX-ZR3100

 地元に戻ってからは別の作業に着手。こっちも今週中にはなんとか片付けて、プロットにゴーサインの出た美少女文庫の次回作も書き始めたいと思います。


(以下、リンク先はアマゾン)






ゲラ校正

 3月発売予定のフランス書院文庫「熟女がいる六つの風景(仮)」のゲラ校正を進めてます。

ゲラ校正中のゲラ

 他の作業も並行してやってますので、時間的にはなかなか大変ですね。

 来週の後半からは美少女文庫の次回作に集中できる、はず。

 その美少女文庫、今月の新刊がこちら(リンク先はアマゾン)。
 各作品の詳細はこちらの公式サイトをご覧下さい。サンプルもあります。




3月に出る新刊原稿、残るはゲラのみ

 3月発売予定の黒本原稿、残すはゲラ校正だけ、というところまでこぎつけました。ゲラは明日到着予定。作業に入ってから最初の10日間くらいがかなり厳しかったのですけど、一度エンジンかかってからは楽しく書けました。もうちょっと早くスピード乗ってくれればスケジュール助かったんですがね……。

 今日からは美少女文庫のプロットと、別作品の改稿に入りました。急遽、東京で人と会うことになって(私としては)早起きした影響か、作業中、すっげ眠くて、期待ほどは進められなかったのが残念。やっぱり寝ないとダメですねえ。
 明日からまた頑張ります。

(最近読んだ本)……リンク先はアマゾン


前々から気になってたので、まとめて買っちゃいました。これぞ、ザ・残念美人、といった感じの先輩がたまらんです。バニー姿がエロス。


世界観が確立されてるおかげか、最初から作品の中に入れるのが心地よかったです。この先、どんなふうに展開するのかな、楽しみ。

「戦国犬姫!〜信長の妹と新婚ライフ〜」井の中の井守

戦国犬姫!~信長の妹と新婚ライフ~ (美少女文庫)
井の中の井守(著)・おりょう(イラスト)
フランス書院美少女文庫(公式ページはこちら
2016-12-21

転生先は戦国時代!?
信長の妹・お犬(愛称わんこ)を嫁にして、戦乱の世を生き残れ!
健気で可愛くGカップの大和撫子嫁とめざす戦国新婚ライフ。
想いを重ねる初体験!
海岸でイチャイチャ逢瀬!
首輪と耳をつけてワンワン子づくり!
ときには水軍を率いて海上戦も!?
〈恋と戦の犬姫戦記〉

 最近の私はなーんも事前知識なしで読み始める(カバーのあらすじなんかにも目を通さない)ことが多いのですが、タイトルと表紙から「ほお、戦国ものか、珍しいやん」と勝手に予想しながらページを開くと……おう、主人公、転生してるやん! でもこいつ、チートしてないやん! 普通にこの時代にフィットしてるやん!
 自分だったら絶対にチートさせるよなぁ、などと思いつつ読み進めますが、この主人公、エロのときだけ現代知識使ってる(笑)。なるほど、ジャンル的に正しい(笑)。
 でも、現代の官能小説的表現するならこれ、いい方法だなぁ……と、同業者的視点で感心。

 こういう時代ものだと蘊蓄とかでイラッとするときがたまにあるのですけど、この作品ではなし。少なくとも私は気分よく、ストレス感じることなく楽しく読めました。
 ここらへんはきっちり考えて推敲したんだろうなぁ、と勝手に感心(またか)。
 自分の好きなものだと、どうしても本筋と関係薄いところにも無駄に力入って書いちゃいますからね。私も気をつけないと。

 重みのあるストーリー(鬱展開とかないから大丈夫だよ! 海の漢たちがいい味出してるよ!)と、それに負けないくらい甘くて濃厚なエロシーンのバランスも秀逸。
 正直、こんなにきっちり官能描写されると、私、自信なくなるんですが。
 正統派というか、エロ小説の王道だと感じました。
 いや、ホントに上手いですわ。

 丁寧な構成と文章に加え、カラー・モノクロともに素晴らしく愛らしい&エロエロしいイラストもあって、評判いいのも頷ける一冊です。

 ちなみにこの主人公、結構なむっつりくんです。いいぞもっとやれ。

あと数日で終わらせたい

 3月発売予定の黒本原稿、なんとか着地点が見えてきました。分量的にはあと30ページないくらいかな? 序盤が本当に苦しかったのですけど、今は書いてて楽しいです。
 この後はまたページ数との戦いが待ってそうなのがちょっと憂鬱。美少女文庫よりもここらへん厳しいんですよねー。1ページあたりの行数も少ないし。ま、イラストがない分、テキスト入れられますが。

 美少女文庫の次回作も具体的なストーリー考え始めてます。来週くらいにはもう執筆に入りたいところですけれども、こればっかりはアイディア次第。

 あれこれ予定詰まってるし、やりたいこともいっぱいあるんで、体調に気をつけつつ頑張ります。

(最近読んだ本)……リンク先はアマゾン

様々なキャラたちの視点から描かれるもう一つの「僕だけがいない街」。
本編が好きな人は是非。より深く作品を好きになれるかと。
また1巻から読み返そうかなー。何回読んでも素敵な作品。


このシリーズもなんだかんだと続いてますね。その先の展開がすっげぇ気になるところで終わってるし!
マシュマロ、最後に食べたのいつだっけ……。


メインの二人はすっごくイイんだけど、周囲のキャラが今後余計なことすんじゃないかとどきどきして……。個人的に好きじゃない展開にならんことを心の底から期待しつつ2巻を待ちます。
いいのよ、ただのいちゃいちゃマンガで!(あくまでも個人の意見です)


原作は好きです。面白いです。オススメです。基本、うどんは関係ないです、メインはポコです、ポコの可愛さを楽しむのがよいです。

次の新刊は3月

 もう情報出ているので書きますが、今やってる作業は3月発売予定のフランス書院文庫のものです。
 仮タイトルは「熟女がいる六つの風景」。
 熟女。熟女ですよ奧さん!
 我ながら色々な意味で幅広いの書いてるなーと思います。これ以外にも複数、同時進行してる仕事あるんですが、もう見事にばらばら。節操ないです、はい。

 実はこれ、かなり苦戦してて、自分の決めたスケジュールより一週間ほど遅れてます。まずいです。四日くらい前から悩んでたところをどうにかクリアできて(できた、はず)頑張って追い込んでます。来週の前半が勝負。週末もお仕事確定……。

 美少女文庫のほうもプロットさっさと出せとせっつかれてます。ネタやキャラはもうだいたい決まってて、あとはストーリーをどうするか。導入部までは見えてるんですが。

 この他にも夏までに大小合わせて5作品やらねばならず、しかも確定申告もあるという……。
 ストレスが物欲に向かっております。
 スマホかデジカメかレコーダーかAVアンプを買ってしまおうかと企んでる真っ最中。

(最近読んだ本)……リンク先はアマゾン

前巻から続いてたどきどき展開が落ち着いて、今度はこれまたずっと気になってたあのキャラの話がようやくスタート。うむ、やっぱりまた続きが気になる! 面白い!


メイド作品ってことでチェックしたら、期待以上に面白かった! これはいいメイドだ! おバカで素敵(褒め言葉)!


こちらもメイド作品。「ゆかり」さんっていうアレなメイドさんが出てきて、考えることは一緒だなーって思いました、はい。うちの由佳里さんもあんなふうになってた可能性あるし。実際、現在(「メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ」内の時間)の由佳里さん、似たようなことやってるはずですしね、紗耶子さんと。


アニメが期待以上に面白かったので既刊も含めて改めて読み返してみました。一気に読んだおかげかストーリーの繋がりがよりわかって、さらに楽しめました。
アニメは3巻までの話かな?

「熱海の未亡人」自己解説



 特選小説での23作目の短編。

 この号のテーマは「未亡人と旅情」という、お馴染みのやつ。ただ私、あんまり未亡人ものは書いてない気が。何作かはありますけどね。好きですけどね。大好きですけどね、ええ。

 当時、所用で熱海駅に降りたとき、作中のキャラと同じように驚いたんですよ、いきなり綺麗になってたから。同時に、あ、これネタで使えるぞ、と。

 問題は、私、年に2回は熱海に行ってるくせに、全然観光地知らないという点でした。
 いや、何ヶ所かは行ったことあるんですけども。ネットや地元の方々からの情報網を駆使して、なおかつ、実際に知ってる場所も交えて書きました。作中に出てくるホテルのモデルは実在します。
 まあ、観光情報はほとんど本編に関係ないんですがね!

 熱海に旅行に来るはずだった恋人と直前に別れた主人公と、かつての夫との新婚旅行をなぞるように一人旅をする未亡人が出会って……というストーリーでプロットも比較的スムーズにできました。
 ですが、書き始めると大苦戦。なんか勝手にキャラが、というかヒロインが動き始めて当初イメージしていたものとは違う方向に行っちゃいまして。

「こういうキャラで大丈夫かな?」と、相当不安を覚えつつ書き上げた、作者的にはちょっとだけいつもより冒険した内容なので、読者アンケートの結果が今から凄くどきどきです。

 しっかし、他にタイトル浮かばなかったのか私(笑)。

「メイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ」自己解説その3

通常サイズメイドやります! 年上お姉さんとツンツン幼なじみ[AA]
青橋由高(著)・HIMA(イラスト)
フランス書院 美少女文庫(公式サイトはこちら。サンプルあり)
一章丸々試し読みはこちら

<私が把握できている特典情報>
メロンブックス:着せ替えブックカバー&書き下ろしSS「メイドおっぱいケーキの母乳添え」文庫換算約3ページ
オータムリーフ:書き下ろしSSペーパー(文庫換算約7ページ)&イラストカード
とらのあな:リーフレット
「楓のおっぱい、味ってください
お姉さんメイドが捧げる年上バージン。
「穂乃花だって初めてなんだから!」
負けじと幼なじみメイドもご奉仕参戦。
授乳手コキで! ツンツンフェラで!
巨乳美乳パイズリで! W騎乗位で!
恋とHを競う二人の夢は?「メイド妻めざし、一緒に道を極めましょう!」

その2から続く)

 自己解説ラストとなる(多分)今回は、色々な裏話をだらだら書いてみます。思い出せる範囲で、ですが。

 まずは表紙について。
 HIMAさんからは3つほどラフで案をいただいたので、担当さんと相談してあの構図を選びました。どれもよかったので、かなり悩んだことを覚えてます。
 3つのうち1つは、カラー口絵として使われてます。
 これですね。

201701ポスター

 主人公は小柄で可愛い系の開(かい)くん。病弱だった子供時代、身体を鍛えるために地元の柔道場に通い、現在ではすっかり強くなりました。得意技はその顔に似合わぬ寝技。どうやら相当にねちっこい模様。
 ページの関係で本編には出せなかった設定ですけど、道場ではお姉様たちにかなり可愛がられてました。寝技を教えてあげる、という名目であれこれ稽古をしてもらい経験値を積んだようです。
 まあ、ちゃんとエッチシーンではこのスキル、若干は役立ってるみたいですけど。
 本当はここらへんを駆使したベッドテクニックも書きたかったです(笑)。

 楓さんが持ってるスマホはメイド協会から支給されてるもので、色々なオリジナルアプリが入っているという設定でした。
 その中に、一定のランク以上のメイドだけに閲覧が許されている秘密のアプリが存在しているのですけど、これもページが足りなくなったのでカット。
 秘密っても、要するに夜伽のテクニックが記されてるだけってオチですが。
 初稿では、楓さんがそれを開から隠す、というシーンが序盤にありました。

 楓さんが「メイドマスター」と呼んで尊敬しているのは、「なります!」の勘違いメイドこと由佳里さんの祖母です。服部澄子、という固有名詞を出すかどうかはぎりぎりまで迷いましたけど、前シリーズ知らなくても楽しめるように、という大前提崩したくなかったのでカット。
 もっとも、ここまで露骨なんで、前シリーズ読んだ方はすぐにわかるよね、と考えたってのも事実です。
 露骨、という点では、メイド協会の理事が誰かってのも見え見えですね。由佳里さんと紗耶子さんです。多分、美沙はイヤイヤ手伝わされてます。音々は進んで参加してるでしょう。

 あ、今思い出した。
 プロットを作り始めた頃、押しかけメイドをどうするか、結構悩んだんでした。
「なります!」でフランス人メイドの存在をほのめかしておいたので、こっちに出そうかと考えたんです。
 ただ、あれこれ考えた末、今回のような形にしました。
 楓さんも当初は、フランスでマスターと出会った、という設定でした。
 なお、マスターはもうすっかり元気です。

 幼なじみヒロインの穂乃花、初稿では体調崩した開を看病するシーンあったんですが(そして楓さんと張り合ったりする)、それだと序盤がかなり長くなっちゃうということで泣く泣く全カット。ごめんね穂乃花。

 穂乃花が歌を習い始めた理由、どっかで見たことがある、という方もいるでしょう。別の作品で使ったことあるネタとほぼ同じです。
 それがこれ。

通常サイズあねスポッ! お姉ちゃんと体育祭
青橋由高(著)・シコルスキー(イラスト)
美少女文庫
自己解説はこちら

 もうだいぶ前の作品だしいいよね……と自分を納得させて使いました。

 穂乃花に作中でなにを歌わせるかは、本当にぎりぎりまで悩みました。数百曲くらい調べて(もちろんざっと、ですが)、実際に聴いたりして、でも最終的には定番中の定番のあれになりました。
 子供の頃に聞いた音楽って、そのときの情景と深く結びついてるよね、という実体験も影響しています。

 プロットの時点では中盤のディテールがかなりいい加減で、穂乃花には学校で歌わせる、ということも考えてました。そっちでもよかったかな?

 エピローグでの最後のイラスト、ラフの段階では穂乃花がメイド服になってるという、貴重な別バージョンがあったりします。あれはあれでよかった気がしますけど、そうするとエピローグ全体を書き直しになっちゃいますね(笑)。


 おかげさまで今のところは売れ行きも反応も好調のようです。
 この二人は書いていて楽しいので、またどこか、たとえば同人誌とかで後日談を発表したいですね。
ご注意
このブログには、アダルト関係の記事・リンクが含まれています。
未成年者やそーいったものに興味がない方はさっさと引き返すよーに
あとは自己責任でよろしく。
カテゴリ別アーカイブ
最新情報
最新刊
通常サイズ
メイドやります!
年上お姉さんとツンツン幼なじみ


冬コミ新刊
表紙サンプル
あねみこ!

近作
通常サイズ
年の差のある七つの姦係

通常サイズ
メイドハーレムなんて許しません!
毒舌ツンツン×没落ドM×ダークエルフ

表紙
青橋由高短編集11
腹黒エルフもエロエロです

表紙
マリナ
穢されたエルフ王女

通常サイズ
過保護な妹は兄さんが好きすぎて毎日エロエロ甘やかしたいっ!

通常サイズ
魔剣の姫はエロエロです

通常サイズ
千冬姉はやらかしたい!

通常サイズ
青橋由高短編集10
姫騎士は二人ともエロエロです

アニメ化
通常サイズ
ツンツンメイドはエロエロです(上巻)

サムネイル
ツンツンメイドはエロエロです(下巻)
livedoor プロフィール
メッセージ
Twitter
著作
サムネイル_怪盗メイドの事件簿サムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル・トリプル生徒会長
トリプル押しかけお姫様サムネイルサムネイル
妹は電波系サムネイル(正式版)トリプル押しかけメイド妻サムネイル妹はふたご巫女サムネイルお嬢様姉妹はW嫁!サムネイル
生徒会長は妄想系トリプル押しかけ許嫁いちゃいちゃラブラブお姉ちゃんW新婚お嬢様!
W生徒会長(小)好き好き大好きお姉ちゃん
お嬢様フォーシーズンズあねスポッ!表紙サムネイル
恋姫表紙サムネイル絶対無敵お嬢様表紙サムネイル
キスキス表紙サムネイルあねらぶ表紙サムネイル
悪魔・天使表紙サムネイルKiss表紙サムネイル
純情表紙サムネイル恋妹表紙サムネイル
約束表紙サムネイル微熱表紙サムネイル

メイドなります!シリーズ
もっとメイドなります!表紙サムネイル
さよなら表紙サムネイルおしおき表紙サムネイル
すくみず表紙サムネイルメイドなります!表紙サムネイル

フランス書院文庫
サムネイルサムネイル
サムネイル私のご主人さまサムネイル
メイドと巫女と極甘生活僕とメイド母娘(小)
シナリオ担当同人ゲーム
サムネイル
2013年8月現在、16作担当
同人誌(青橋商店)
サムネイル_短編集9サムネイル_ミリス
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
サムネイルサムネイル
奪妹サムネイル短編集4サムネイル
短編集3サムネイルごくあま!サムネイル
みそまほ!サムネイル短編集2サムネイル
引きこもりじゃないもん!サムネイルみそこい!サムネイル
ダブルスコア〜このダメ大人っ!奪恋〜寝取られた幼なじみ

恋夏音々の夏休み
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ